2013-12-17 17:04 | カテゴリ:穂木
曇りがちの天気ですが気温は高めでした。
下の畑2に出かけて杏やリンゴ台木などの穂木採取をしました。

先日、鉢植えから地植えにした杏苗は、
この日のために無剪定で植え付けてありました。

昨年挿し木したリンゴの台木(JM7台木)は、
2年目で株元の太さも十分です。
1JM1217c2.jpg
来春、この台木に残したいリンゴ品種を居接ぎ予定です。


採取した穂木もこれだけあれば十分でしょう。
来春の挿し木まで保存します。
1JM1217c1.jpg



昨年、棒苗を購入したスモモの「帝王」も良い成長振りです。
この新梢を穂木として確保しました。
1teio1217c1.jpg


杏は下の畑2の甘太郎・美杏・巨紅3種と
上の畑内のニコニコット・おひさまコット2種の穂木を確保しました。


採取した穂木は、一次仮保存としてビニール袋に入れて、
発泡スチロール箱に入れて畑の日陰箇所に置いています。
1hogi1217c1.jpg
後日、追加穂木と一緒に土中保存の予定です。


枇杷の開花が遅れ気味に感じます。
今冬の冷え込みの厳しさを感じます。

「大五星」の蕾には開花の兆候さえ見られません。
「田中」は部分的に開花しだした蕾も見られました。
1daig_tana1217c1.jpg
開花しても、この寒さでは訪花昆虫は皆無かも知れません。


「早五星」は大五星より早そうな状態でした。
1sougosei1217c1.jpg



今春居接ぎのキウイ苗も漸く霜枯れだしています。
木の葉がなくなった時点で、枯れた「香緑」などの補完移植の予定です。
1kiui1217c1.jpg



我が家で一番大きなキウイ棚です。
植え付け1年目ですから、
まだ枝張りは軽微でほとんど誘引・整枝で済みそうです。
1kiui1217c2.jpg



上の畑内の鉢植え梅「竜峡小梅」も若干の剪定です。
画像右に写る長い新梢は「紅映」で、貴重な穂木として
来春の接ぎ木時期までそのまま温存します。
1ume1217c2.jpg
梅の居接ぎは穂木の保存は無しが良さそうです。

そろそろ、桜桃台木の
ダーレンやコルト-Xの穂木採取も出来るでしょうか。

::


 

スポンサーサイト
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村