FC2ブログ
2020-03-31 15:09 | カテゴリ:さくらんぼ
ここ2,3日、肌寒い日が続いています。

その前の陽気は暖かくて、日本蜜蜂の初分蜂が発生し、
28日には2回目の分蜂があり、運よく回収出来ました。

昨日は庭や上の畑内、下の畑2の全面に農薬散布を行いました。
その際、ジョイント桜桃やさくらんぼ置き場で
桜桃の開花が始まっていました。

今朝は風もなくてビニールシートの展張には好都合でした。
庭先の「さくらんぼ置き場」に雨除けシートを展張しました。1outou200331.jpg
展張し始めたことはまだ降雨は無くて、
完了直後から小雨が・・。

タイミングの良い展張作業でした。
1outou200331_003.jpg


肌寒い一日で、開花も一旦休止状態でしょう。
1outou200331_023.jpg

日本蜜蜂の分蜂も4月2日以降と予測されている養蜂家さんが多いようです。

今年も一番手は「紅秀峰」のようです。
1benisyuhou200331_019.jpg


「紅ゆたか」の蕾も膨らんでいました。
1beniyutaka200331_009.jpg



1koufuku200331_005.jpg


「香夏錦」も開花は早い品種です。
1koukanisiki200331_013.jpg


これからしばらくは受粉作業が続きます。
1seikounisiki200331_016.jpg

分蜂や人工授粉と忙しい日々が続きそうです。

::


スポンサーサイト



2020-01-12 17:03 | カテゴリ:さくらんぼ
2019-12-26 14:32 | カテゴリ:さくらんぼ
予想に反して午前中の降雨は無さそうなので、
急遽「ジョイント桜桃」の剪定作業を実施しました。

なかなか思い描く花芽が着かずにヤキモキする桜桃栽培です。
今年のような暖冬では、益々不出来なさくらんぼが予想されるところです。

漸く落葉したので一気に剪定してしまいます。
枝先が天井に当たって雨避けシートを傷めるので、
切りたくない頂芽ですがやむなく切り詰めます。

今年伸びた1年枝の花芽を残して切り詰めます。
作業は単純作業です。
1before191226_021.jpg


まだ残る葉も触るとハラハラと落ちています。
1before191226.jpg


一部、通行に邪魔な枝も処分します。
1before191226_004.jpg


伸びすぎた結果枝も切り詰めます。
1before191226_019.jpg


一応、花芽は出来ているようです。
1before191226_023.jpg


ご覧に入れるほどの花芽では無いですが、
確認のため・・・。
1haname191226_008.jpg



1haname191226_052.jpg



1時間半後に剪定作業は終了しました。
天井が明るくなったように感じます。
1after191226_024.jpg


曇り空なので画像が暗くて済みません。
1after191226_025.jpg


スッキリしました。
1after191226_038.jpg



1after191226_042.jpg


一部のジョイントを結実性の良い品種に更新する予定です。
先ずは予備苗を植え付ける予定です。
1after191226_060.jpg


ジョイントハウス内に1本立ち受粉樹の「紅きらり」です。
1A_benikirari.jpg
20本のジョイント桜桃には2本の「紅きらり」が含まれています。

接ぎ木苗を植え付けてから16年経ちましたが
未だに結実無しの銀杏(久寿)です。
葉を見る限りは雌木なんですが・・。
1ityou191226_040.jpg

自家産のギンナンを拾ってみたいものです。

午後2時過ぎから雨が降り出しています。

::


2019-06-22 14:02 | カテゴリ:さくらんぼ
 時々小雨の降る朝でしたが
サクランボ狩りには問題なしです。

今年のジョイント桜桃栽培は不出来でしたので、
兄弟だけでのサクランボ狩りとなりました。

兄貴のところでは長女が初孫出産で今日が退院日でした。

さみしい実付きですが味は悪くないです。
「佐藤錦」がメインです。
1JO190622.jpg


佐藤錦2Lサイズがメインでしょう。
1JO190622_007.jpg


色付き出すと傷み果も見られ、
不作年は痛い状況です。


1JO190622_008.jpg


さあ!始めましょう。
1JO190622_013.jpg
各自2kg程度の収穫でしたでしょうか。

今後は来年の豊作を期して、農薬散布に励みましょう。

::






2019-05-31 17:52 | カテゴリ:さくらんぼ
庭先のさくらんぼ置き場では賑やかし程度の桜桃が
赤く色着き出しています。

一応、鳥避けネットとハクビシン食害避けで電気柵を巡らせています。

大袈裟な対策ですが、色着き出しますと獣たちは見逃してくれません。

昨年植え替えた「紅秀峰」は樹勢がまだ回復していませんが、
小さな実を着けています。
1benisyu190531_032.jpg
昨年の暮れに「紅秀峰」の小苗を直植えしています。
このさくらんぼ置き場には2本の紅秀峰となります。



「紅ゆたか」は植え傷みから回復したようですが、
色付きは相変わらず悪い品種です。
1beniyutaka190531_034.jpg
味は良いので外せません。



ここでは古株の「香夏錦」は優等生です。
1koukanisiki190531_036.jpg




玉サイズも2L以上が着きます。
1koukanisiki190531_035.jpg




香夏錦と同年生の正光錦が枯れてしまったので、
この「正光錦」は大事にしたいところです。
1seikou190531_031.jpg




昨年直植えした「佐藤錦」にも少し実が着いたようです。
1satounisiki190531_038.jpg




縮伐した酸果桜桃の「モンモレンシー」ですが、
少ないながら自然結実しています。
1monmorency190531_048.jpg 




お決まりの「月山錦」は貴重な2粒!!
1gassan190531_044.jpg




下の畑2のキウイ棚で最晩生の「パンダ」が開花していました。
ピンクの花は印象的です。
どんな実が着くのか、楽しみ!!
1panda190531_009.jpg
キウイ棚にはAPメールなどが残っていますので
受粉は大丈夫でしょう。



晩生の「香緑」も幼果が確認出来ています。
1kouryoku190531_022.jpg




黄肉系のキウイは4種類が混在しています。
1kiniku190531_025.jpg




紅芯系は3種類のキウイが混在しています。
1kousin190531_013.jpg




各畑では桃の袋掛けが進んでいまして、
既に500個分ほど袋を使っていますがまだ手付かずも有りで・・。
1hikawahakuhou190531_006.jpg

桃の防除はしっかりやりませんと傷み果が多発します。
梅雨も近そうですので、梅雨入り前に仕上げたいところです。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村