FC2ブログ
2020-01-12 17:03 | カテゴリ:さくらんぼ
スポンサーサイト



2019-12-26 14:32 | カテゴリ:さくらんぼ
予想に反して午前中の降雨は無さそうなので、
急遽「ジョイント桜桃」の剪定作業を実施しました。

なかなか思い描く花芽が着かずにヤキモキする桜桃栽培です。
今年のような暖冬では、益々不出来なさくらんぼが予想されるところです。

漸く落葉したので一気に剪定してしまいます。
枝先が天井に当たって雨避けシートを傷めるので、
切りたくない頂芽ですがやむなく切り詰めます。

今年伸びた1年枝の花芽を残して切り詰めます。
作業は単純作業です。
1before191226_021.jpg


まだ残る葉も触るとハラハラと落ちています。
1before191226.jpg


一部、通行に邪魔な枝も処分します。
1before191226_004.jpg


伸びすぎた結果枝も切り詰めます。
1before191226_019.jpg


一応、花芽は出来ているようです。
1before191226_023.jpg


ご覧に入れるほどの花芽では無いですが、
確認のため・・・。
1haname191226_008.jpg



1haname191226_052.jpg



1時間半後に剪定作業は終了しました。
天井が明るくなったように感じます。
1after191226_024.jpg


曇り空なので画像が暗くて済みません。
1after191226_025.jpg


スッキリしました。
1after191226_038.jpg



1after191226_042.jpg


一部のジョイントを結実性の良い品種に更新する予定です。
先ずは予備苗を植え付ける予定です。
1after191226_060.jpg


ジョイントハウス内に1本立ち受粉樹の「紅きらり」です。
1A_benikirari.jpg
20本のジョイント桜桃には2本の「紅きらり」が含まれています。

接ぎ木苗を植え付けてから16年経ちましたが
未だに結実無しの銀杏(久寿)です。
葉を見る限りは雌木なんですが・・。
1ityou191226_040.jpg

自家産のギンナンを拾ってみたいものです。

午後2時過ぎから雨が降り出しています。

::


2019-06-22 14:02 | カテゴリ:さくらんぼ
 時々小雨の降る朝でしたが
サクランボ狩りには問題なしです。

今年のジョイント桜桃栽培は不出来でしたので、
兄弟だけでのサクランボ狩りとなりました。

兄貴のところでは長女が初孫出産で今日が退院日でした。

さみしい実付きですが味は悪くないです。
「佐藤錦」がメインです。
1JO190622.jpg


佐藤錦2Lサイズがメインでしょう。
1JO190622_007.jpg


色付き出すと傷み果も見られ、
不作年は痛い状況です。


1JO190622_008.jpg


さあ!始めましょう。
1JO190622_013.jpg
各自2kg程度の収穫でしたでしょうか。

今後は来年の豊作を期して、農薬散布に励みましょう。

::






2019-05-31 17:52 | カテゴリ:さくらんぼ
庭先のさくらんぼ置き場では賑やかし程度の桜桃が
赤く色着き出しています。

一応、鳥避けネットとハクビシン食害避けで電気柵を巡らせています。

大袈裟な対策ですが、色着き出しますと獣たちは見逃してくれません。

昨年植え替えた「紅秀峰」は樹勢がまだ回復していませんが、
小さな実を着けています。
1benisyu190531_032.jpg
昨年の暮れに「紅秀峰」の小苗を直植えしています。
このさくらんぼ置き場には2本の紅秀峰となります。



「紅ゆたか」は植え傷みから回復したようですが、
色付きは相変わらず悪い品種です。
1beniyutaka190531_034.jpg
味は良いので外せません。



ここでは古株の「香夏錦」は優等生です。
1koukanisiki190531_036.jpg




玉サイズも2L以上が着きます。
1koukanisiki190531_035.jpg




香夏錦と同年生の正光錦が枯れてしまったので、
この「正光錦」は大事にしたいところです。
1seikou190531_031.jpg




昨年直植えした「佐藤錦」にも少し実が着いたようです。
1satounisiki190531_038.jpg




縮伐した酸果桜桃の「モンモレンシー」ですが、
少ないながら自然結実しています。
1monmorency190531_048.jpg 




お決まりの「月山錦」は貴重な2粒!!
1gassan190531_044.jpg




下の畑2のキウイ棚で最晩生の「パンダ」が開花していました。
ピンクの花は印象的です。
どんな実が着くのか、楽しみ!!
1panda190531_009.jpg
キウイ棚にはAPメールなどが残っていますので
受粉は大丈夫でしょう。



晩生の「香緑」も幼果が確認出来ています。
1kouryoku190531_022.jpg




黄肉系のキウイは4種類が混在しています。
1kiniku190531_025.jpg




紅芯系は3種類のキウイが混在しています。
1kousin190531_013.jpg




各畑では桃の袋掛けが進んでいまして、
既に500個分ほど袋を使っていますがまだ手付かずも有りで・・。
1hikawahakuhou190531_006.jpg

桃の防除はしっかりやりませんと傷み果が多発します。
梅雨も近そうですので、梅雨入り前に仕上げたいところです。

::


2019-05-19 16:57 | カテゴリ:さくらんぼ
今日は井上尚弥の生中継を早朝の5時から観戦。
矢張り強かった。

スッキリとした気分で朝一の仕事は、
下の畑2で法面の草刈り作業です。

傾斜地で足元が安定しない嫌な草刈り作業でした。
2反の果樹園周囲ですから、それなりの時間と体力勝負です。

途中で水分を補強しつつ、燃料タンク満タンでしたが
途中でガソリンも補給しながら完璧に除草できました。

休憩後にジョイント桜桃の様子やキウイなどの開花を確認しました。
今年のジョイント桜桃は不作でして、
温暖地でのさくらんぼ栽培の難しさを痛感しています。

開花の早い系統の「佐藤錦」は色着いた粒もありますが、
遅い開花の「佐藤錦」はまだ青い粒です。

開花満開から60日前後で収穫予定ですが、
今年は6月23日頃が収穫日と考えています。
1joint190519.jpg




双子果や変形果が目立ち、
今年も実割れ果が目立ちます。
樹勢の旺盛な桜桃では実割れ果は出ないらしいので、
栽培管理の悪さを露呈しています。
1joint190519_001.jpg




やや開花の遅い系統の「佐藤錦」です。
1joint190519_002.jpg




「佐藤錦」の60年生から採穂した系統で、
開花が遅かったので全く色が出ていません。
1joint190519_003.jpg
今年はサクランボ狩りは無しかもです。



同じ畑のキウイ棚では最晩生「香緑」の雌・雄花が咲き始めました。
1AP190519_011.jpg




香緑の雌花に日本蜜蜂が訪花中です。
蜜蜂師匠のところから来た蜂でしょう。
1koryoku190519_012.jpg




受粉が終わったばかりの黄肉系「東京ゴールド」の幼果です。
1tokyouG190519_017.jpg




開花から3週間以上経過の紅芯系キウイは
形もそれなりの様子です。
1kousin190519_018.jpg




頂いた苗の2年目ですが今年は結実させてみたいところです。
「パンダ」キウイというのはどこから付いた名前でしょうか。
1panda190519_020.jpg




今年も「ポポー」の幼果が着きましたが、
昨年の生らせ過ぎの性か
疎らな実付きです。
1popo190519_004.jpg

明日から久しぶりの曇天予報。
潤いが欲しいところです。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村