2018-06-14 21:40 | カテゴリ:さくらんぼ
庭先のさくらんぼ置き場では、既に収穫は終盤で、
残りは「紅きらり」と「黒砂糖錦」・「サミット」となりました。

ジョイント桜桃も開花60日を経過して今度の日曜日が
収穫適期と見ました。
今年は当初結実良好を密かに喜びましたが、
肥大時期の度重なる豪雨による水分過多が実割れ果の発生となり、
傷んださくらんぼが多発で、実成は半減しました。

残り果が少ないジョイント桜桃ですが、
「さくらんぼ狩り」の決行です。

参加者は日程の都合で昨年より少ないですが、
気休め程度に盛り上げましょう・・と

さくらんぼ狩り・・前の見納めで、
画像を拾い集めました。
1Joint180614_023.jpg





1Joint180614_002.jpg





1Joint180614_003.jpg





1Joint180614_007.jpg




佐藤錦の3Lサイズは自慢できる大きさのようです。
恐らく山梨辺りのさくらんぼ園では見られないサイズだと・・。
1joint180603_005.jpg




3Lサイズの佐藤錦は結構な数が確認出来ましたが、
さすがに4L佐藤錦は見つかりませんでした。
今後の課題です。
1Joint180614_018.jpg




傷み果は摘果しましたので、
寂しい景色となりました。
1Joint180614_009.jpg




来季の目標が明確になりました。
過湿に強く大玉がザクザク・・です。
1Joint180614_011.jpg




受粉樹の「紅きらり」も長果枝の実は大玉になるので、
味も良くなるようです。
1Joint_kirari180614_005.jpg




着色は佐藤錦より若干遅れ気味です。
1Joint_kirari180614_010.jpg
17日の日曜日は兄弟・子供達でさくらんぼ狩りです。
小雨決行です。

::




スポンサーサイト
2018-05-29 21:46 | カテゴリ:さくらんぼ
昨夜は山形のS.F.Takaさんと久しぶりに桜桃談義でしたが、
本場の凍害状況や当地の豪雨により実割れなどがメインでした。

庭先のさくらんぼの正光錦は既に賞味済みとなりましたが、
実割れ果の多発した「紅秀峰」や「紅ゆたか」などはまだ残っています。

畑2の「桜桃ジョイント栽培」では色付きが進んでいますが、
実割れ果多発で意気消沈しています。

現状のジョイント栽培の様子をアップしてみます。
大分赤色が濃くなってきました。
1joint180529_035.jpg




ジョイントのメインは「佐藤錦」です。
1Jsato180529_003.jpg




「紅きらり」はジョイント似2本含まれます。
1Jbenikira180529_013.jpg
佐藤錦より色付きは遅い感じです。



受粉用に「ナポレオン」も1本含まれています。
1Jnapole180529_021.jpg




後から考えますとジョイント全てを「佐藤錦」にすれば良かったかも・・。
1Jsatou180529_033.jpg




実割れ果が多くて残念な状況ですが、
昨年のジョイントより一歩進んだかも知れません。
1joint180529_001.jpg




佐藤錦はまだ肥大中のようですが、
2L以上には成っていると思います。
1Jsatounisiki180529_027.jpg
来年はもう少し実付きをバージョンアップしたいところです。



庭先の「さくらんぼ置き場」では色付きが昨年より早くて、
「正光錦」は既に完食しました。
糖度も乗って甘いさくらんぼでした。

紅秀峰は半分以上が実割れで摘果しました。
残った実は既に渋味は無くなっています。
1benisyuhou180529_062.jpg




「紅ゆたか」も実割れし易くて3割ほどが傷み果です。
1_beniyutaka180529_051.jpg




「香夏錦」は過湿に強く実割れが少ないです。
1koukanisiki180529_066.jpg




少ない実成の「サミット」はただ今肥大中なり・・。
1samito180529_057.jpg





上の畑内でゴールドコットに高接ぎのアンズ「巨紅」が防鳥ネット内に落下していましたので、
全収穫しました。
1kyokou180529_043.jpg




酸味が無くて甘いアンズになっていました。
1kyokou180529_101.jpg




他のアンズはもう少し時間が掛かりそうです。
「ゴールドコット」が薄く黄色みを帯びてきました。
1Gcot180529_091.jpg




「ハーコット」はまだまだって、感じです。
1harcot180529_077.jpg




「おひさまコット」はまだ緑です。
1ohisamacot180529_074.jpg




「ニコニコット」も青い実です。
1niconicot180529_078.jpg

明日辺りが当地の梅雨入りの可能性がローカルTVで話題なっていました。
長雨で傷み果が出るのか心配なところです。

::


2018-05-19 16:56 | カテゴリ:さくらんぼ
朝方に一雨あって、
日中は夏日となって強い陽差しに葉が萎れます。

ブドウ品種の開花も始まり2倍体、4倍体の開花時には
ジベ処理が始まりました。

一斉に開花するわけでは無いので小まめなチェックが必要です。
今朝も庭先や下の畑2で開花を見ながらジベ処理でした。

庭先のさくらんぼ置き場では、
徐々に色付きが進んでいます。

雨避け屋根の下ながら、春の嵐による豪雨は庭を川のように流れたので、
水分過多で実割れ果が多発です。
その典型例が「紅秀峰」です。
1benisyu180519_006.jpg




2L以上と色付き・サイズは申し分ないですが、
土壌の水分過多で実割れ果が多発しています。
1benisyu180519_007.jpg




昨日1粒食べてみましたら、
渋味は無いがまだ糖度が低い感じでした。
1benisyu180519_012.jpg




同じく実割れしやすいのが「紅ゆたか」です。
結実果の1割位は実割れしています。
1beniyutaka180519_018.jpg
多雨な土地では仕方の無いことです。



色付きもやや遅れ気味のようです。
1beniyutaka180519_019.jpg




同じ場所でも「正光錦」には全く実割れが無いです。
色付きも進んでいまして、
3Lサイズがゴロゴロです。
1seikou_b180519_002.jpg




何と、4Lサイズもありました。
1seikou_b180519_010.jpg
大玉は見応えがあります。



「香夏錦」も水分過多に強い感じです。
1kouka180519_014.jpg




実割れ果はほとんど見られていません。
1kouka180519_022.jpg




もう1本の「正光錦」です。
1seikou_s180519_020.jpg
南面で着色も進みます。



玉サイズはLから2Lですが、
着色は良いです。
1seikou_s180519.jpg

下の畑2のジョイント桜桃も少し色付きが始まっていました。
生理落果が激しくて目減りした実付き状態にガックリです。

::


2018-05-12 16:40 | カテゴリ:さくらんぼ
これぞ趣味のさくらんぼ栽培・・と言った感じの
庭先「さくらんぼ置き場」です。

南北3m×6m東西の狭小雨避け屋根の下では、
無謀にも15~16本の桜桃樹がひしめき合っています。

昨年の剪定時に枝数を少なくしましたが、
葉が繁茂してきますとジャングル状態です。
生り枝が減少したことより昨年の半分程度の実付きです。

昨年から、ハクビシンの食害避けとして電柵を設置していますが、
今年も昨日から夜間の通電を開始しました。
1densaku180512_036.jpg
防獣ネットと電柵で完全防御です。



最強受粉樹の「紅きらり」はまだ青い実です。
1benikira180512_032.jpg




大きめの実でも整理落下しやすい紅きらりの様です。
1benikira180512_030.jpg




雨避け下ですが、実割れしやすい「紅ゆたか」です。
1BY180512.jpg




今年は生り枝を少なくしましたが、
結実果は昨年より大きそうです。
1BY180512_005.jpg




さくらんぼ置き場の古株の1本がこの「紅秀峰」です。
1benisyu180512_019.jpg




1月頃に短果枝の芽欠きをしています。
新梢の発生を狙った処理です。
1benisyu180512_029.jpg
結実数は減少しています。



2本ある「正光錦」の大玉bタイプです。
1seiko180512_009.jpg
既に2L以上と言ったところです。




1seiko180512_024.jpg




一方、小玉sで豊産性の「正光錦」ですが、
今年は実付きが疎らでやや大きめの幼果です。
1seikou180512_028.jpg




例年枝垂れるほどの実付きですが、
今年は少ないです。
1seikounisiki180512_034.jpg

狭い場所でも地植えで桜桃を楽しめます。
コンパクト樹形の維持は必須の作業ですが、
居間から3,4mにところでさくらんぼを眺めるのは最高です。!!

::




2018-05-11 18:06 | カテゴリ:さくらんぼ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村