2017-05-09 16:28 | カテゴリ:果樹各種
今朝は下の畑2で今季枯れてしまった酸果桜桃・りんご・アンズの伐採です。
毎年のように枯れ死する果樹苗は少なくありません。

バックアップ苗の重要性を痛感するときです。

畑2の拡張畑に植え付けたりんごの「ブラムリー」が開花していました。
周りにりんごの開花株がないので、
畑2から花を持って行ってみますと、
日本みつばちが訪花していましたので受粉はお任せしました。
1buramury170509_001.jpg
切ったブラムリーに砂糖を掛けて、
レンジでチンするとジャムになるらしい・・


1個でも着いてくれたら待望のジャム作りです。
1buramury170509.jpg




庭先の鉢植え「メイちゃんの瞳」は
受粉お任せでしたが結実していました。
1may170509_010.jpg




日本みつばちの分蜂時期に
探索蜂を誘引する「金稜辺」などですが、
当地の今年はまだ1匹も探索蜂を見ていません。
1mitubatiran170509_017.jpg
近所の蜜蜂師匠と昨日話しましたが、
やはり今年は探索蜂がいないとのことで
師匠のところの金稜辺も満開なのに蜂は全くいないようです。


「ミスムフェット」も今年の開花は無駄花でしょう。
1mismufe170509_015.jpg




金稜辺の白花はやや遅い開花です。
1sirokin170509_016.jpg




赤花「金稜辺」は次から次へと開花最盛期で、
各畑に置いている金稜辺も開花中です。
1akakin170509_019.jpg




遅くても良いので訪花してくれ探索蜂君!!
1akakin170509_018.jpg




サクランボ置き場のチェリーポットも今年が見納めでしょう。
CPを確立された「大塚」さんは流石です。
確かに施設と2年越しで作るCPは時間と経費が掛かりますが、
その技術を確立されたことは素晴らしいです。
1beniyuta_CP170509_033.jpg




2015.2016,2017の混在ですが、
チラホラと結実しています。
1CP170509_030.jpg




右側は2017年CPです。
1CP170509_034.jpg




こちらの画像も右が2017年CPです。
1CP170509_039.jpg




上の畑内の暖地桜桃も赤さを増しています。
1danti170509_012.jpg




アンズのハーコットも不完全受粉の小さい結実果が落ちて、
このサイズですと残りそうです。
1harcot170509_020.jpg




「ニコニコット」や「おひさまコット」も同じ位の大きさです。
1nikoni_ohisama170509_025.jpg




玄関横の酸果桜桃の「モンモレンシー」。
ワサワサ生る!!・・に触発されて栽培していますが、
不作年が数年続いています。

山形で当たり前なのは訪花昆虫の多さでしょう。

その違いを如何に埋めるか?
梵天で自家受粉してみました。
1monmorency170509_007.jpg

良いかも・・!!


結実幼果が確認出来ます。
1monmorency170509_006.jpg
下手に他家受粉作業するより、
梵天で花を撫で回すのが一番のようです。



上の畑内の「柿」に花芽です。
今年は防虫対策を徹底的にやってみます。
1kijyou_tasyu170509_028.jpg

果樹栽培はある意味、害虫・害獣・害鳥とのせめぎ合いです。
負けてはいられません。

::



スポンサーサイト
2015-07-07 15:11 | カテゴリ:果樹各種
1週間ぶりの雨無しの朝でした。
とは言っても朝露で濡れた枝葉ですから、
しっぽりと濡れてしまいました。

昨日の夕刻でした。
一服しましょうと家のテラスに出ましたら、
さくらんぼ置き場越しに見える南側の畑に子鹿が2頭散策していました。

そして、今日の昼食時です。
食事しながら外に目をやりますと、
同じ畑に子鹿が1頭来ていました。
お隣さんの野菜はサツマイモの蔓や葉物類の食害が出ていましたが、
この鹿の悪さだったようです。

箸をカメラに変えて、ネット越しに撮影してみました。
偶然にもココを縄張りにしている雄のキジも写っていました。
1sikakiji150707_026.jpg
30m程度離れています。



昼食を食べ終わって外を見ますと、
まだ畑にいますので、カメラを変えて30倍ズームで二階から狙ってみました。
1sika150707_004.jpg
ゆったりと車道を横切り、
家の北側にある耕作放棄地へ消えていきました。

因みに、この放棄地は下の畑1の北側に隣接しています。  

ウチの野菜畑のトウモロコシには、
ハクビシンと鹿が来ていましたが、
この子鹿の仕業でしょうね。


さて、貴重な曇り天気ですから、
畑巡りで慌ただしいです。

下の畑1の日本みつばちはこんな天気が続く中でも、
すこぶる元気なようです。

現在、重箱巣箱は6段重ねと巣粗は成長途上です。
1hati150707.jpg
夏分蜂があると嬉しいですが、
今のところその気配はなさそうです。



下の畑1には落下が激しい「露茜」があります。
今後も長雨は続きそうだし実割れ果も見られましたので
全収穫を決行しました。
1tuyuakane150707_003.jpg




梅ですが大粒になりました。
1tuyuakane150707_014.jpg




さてさて、どう使うか悩みどころです。
1tuyuakane150707_013.jpg




畑2のスモモの1本。
「帝王」は初生りでした。
色着き出すとたちまちヒヨの突っつきです。
1teiou150707_017.jpg
株元近くには「モンモレンシー」のヒコバエが広がってきました。
挿し木が難しい酸果桜桃もヒコバエ確保で十分そうです。


青い内は大丈夫ですが、
多少色付いた実は収穫してきました。
1teiou150707_019.jpg



この畑にはスモモ類が10本以上ありますが、
本格的な結実は来年以降でしょう。

無事に残っていた実を寄せ集めてきました。
帝王はいくみに似た感じでした。
1teiou_jyupi150707_023.jpg




庭先や上の畑内からも少々のスモモを収穫しました。
1sumomo150707_008.jpg




「サマーエンジェル」の初生り果です。
1samarenjyeru150707_006.jpg




下の畑2の柿類も今のところは順調そうです。
昨年は落下が激しくて1個残りでしたが、
今年は期待できるでしょうか。
1Jfuyu150707_021.jpg




落下しやすい「恋姫」も現状は良好そうです。
1koihime150707_016.jpg




「オレンジスター」も結構大きくなっています。
1orenji150707_015.jpg

上の畑内や畑1の柿類では、
長雨の性か・・落下が見られていました。

8月には2回目の「カキノへタムシ」の発生に注意です。

::


2015-06-11 16:59 | カテゴリ:果樹各種
ブルーベリーの早生種の収穫が始まり、
アンズや梅の各種も収穫出来るようになりました。

スモモ類も色付きが始まった品種もあります。

今日は、家内が庭先でブルーベリーを収穫していました。
2日置きに収穫していまして、
収量はこのザルに一杯と言った感じです。
「スパルタン」がメインでしょうか。
1BB150611_015.jpg
そう言えば、私は今年になってまだBBを一粒も口にしていません。




昨日は畑2の豊後梅などを収穫しましたが、
今日は上の畑内に有る「竜峡小梅」多品種接ぎ梅を収穫しました。
1ryukyou150611_004.jpg
「南高」、「豊後」、「紅映」などが接いであります。



ココでは「南高」梅が収穫出来ました。
1nankou150611_002.jpg




今日も梅ジュースに仕込んだようです。
1ume150611_013.jpg




上の畑内にあるスモモ類では「いくみ」が先行しています。
大分赤みが濃くなってきました。
1ikumi150611_009.jpg




下の畑1に行ってみますと、
日本スモモの「山形3号」が色付いて収穫時期になっていました。
1yamagata150611_019.jpg 
酸味はあるものの生食出来ないほどでは無かったです。



実付き不良の「紅浅間」に着いた小玉ですが、
漸く色着き出しています。
1beniasama150611_021.jpg




この畑には梅品種が5本有りますが、
次の収穫はこの畑の梅になるでしょうか。

「露茜」はもう少し時間が掛かりそうです。
1tuyuakane150611_022.jpg
例年、収穫が早すぎる傾向でしたので、
今年は完熟を狙います。

::

2015-05-26 18:30 | カテゴリ:果樹各種
ブドウのジベ処理を庭、上の畑、下の畑1,2の
花房に噴霧で処理しました。

多品種なので処理時期がズレてしまった品種もありますが、
ご愛敬で次回はキッチリと・・。

下の畑1の垣根仕立てブドウには簡易雨避けを設置していますが、
畑2は植え付け1年目で青空天井です。
1kakinebudou150526_024.jpg
一応、花房が着いた品種も見られましたので、
ジベ処理したブドウもありました。



豊産性のブドウらしい「セイベル9110」です。
1seiberu150526_026.jpg




桃太郎ぶどうの別名を持つ「瀬戸ジャイアンツ」は、
既に結実していました。
1setogaiant150526_030.jpg
ジベ処理時期を逸してしまいました。



この畑2にはリンゴ品種も多数植え付けていますが、
漸く結実が始まった感じです。
1toki_youkou005.jpg




初結実の「スリムレッド」は良い感じで肥大しています。
1slimred150526.jpg




他の畑に無い品種です。
1ambisyas_sinanoSW_010.jpg




初生り果が楽しみな品種です。
1nomuraJ_SWmelody017.jpg




アンズ類の中では一番早い色つきの「巨紅」です。
1kyokou150526_013.jpg




6月になるとこれらの梅類の収穫が楽しみなところです。
1bungo_tuyuakane007.jpg

今のところ、畑2の果樹類は順調そうです。
病害虫の駆除だけは手が抜けません。

;;


2013-11-09 17:27 | カテゴリ:果樹各種
明日は天気が崩れる予報です。
下の畑1に出かけて、柿やキウイ、カリンなどを持ち帰りました。

柿は残った次郎を収穫し、これで今年は終了です。
カリンは芳香剤代わりに黄色くなった実を5,6個もぎ採りました。

上の畑内の「太秋」も残った4果を収穫しました。1kajyu1109c1.jpg




最後に300g超えの1果です。
1jiro1109c1.jpg




太秋は小玉で終了でした。
1taisyu1109c1.jpg




カリンを計量してみました。
1karin1109c1.jpg
家内は自分の車に入れて、香りを楽しんでいます。



上の畑内では黒柿に接いだ「基肄城」が1果残っています
1kijyo1108c1.jpg




「黒柿」の陽光面は青黒くなってきましたが、
裏側が黒くなったら収穫です。
1kuro1108c1.jpg
不完全甘柿ですので早採りは渋いです。



下の畑1で「紀州ゴールド」を一袋収穫してきました。
弟夫婦が来るとの連絡があったので、
既に収穫済みの紅芯キウイと一緒に手土産です。
1kisyu1109c1.jpg




上の畑のキウイ棚では、
「アップルキウイ」、「ゴールドエンペラー」、「香緑」と
「紅妃」が樹上にしがみついています。
1APL1108c1.jpg




最晩生種の「香緑」は初霜の頃が収穫時期です。
1kouryoku1108c1.jpg




10月に収穫可能な紅芯キウイですが、
まだ堅さが残るので樹上で完熟待ちです。
1kouhi1108c1.jpg




金柑の「ぷちまる」は昨年と同じ位の実付きです。
1kinkan1108c1.jpg




レモンはそろそろ収穫できそうです。
1remon1108c1.jpg

我が家では貴重な柑橘類です。

::



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村