2015-12-01 17:11 | カテゴリ:野菜栽培
今日から師走ですね。
暖かい12月です。
エルニーニョ現象の影響らしいですが
樹木も面食らっているかも知れません。

収穫係の家内に任せていた野菜畑では、
霜が降りる前に収穫しておきたい「生姜」や「里芋」が残っています。

どちらも今年が初めての栽培でしたが、
5種の里芋では「石川早生」以外は美味しく味見でき、
子供達にも人気でした。

今日は手に余る生姜を収穫しました。
結果的には作り過ぎました。
黄金生姜・霧島大生姜・大生姜・普通生姜の4品種。
珍しさから、黄金生姜は早々に捌けていきました。
1kirisima151201_003.jpg
ご近所に持っていったら、そのお宅でも生姜を作っていた様で、
お返しに生姜の「佃煮」と「砂糖菓子」を貰ってきました。(^_^;)



我が家でも薬味や魚の煮付けなどに古根を使う程度ですから、
有れば便利ですが消費量は知れています。
1ousyuga151201_001.jpg
どの品種もまずまずの出来具合と思いますが、
さてこの生姜をどうしましょう。

生前の親父は出荷まで土中保存をしていましたが、
穴掘りや掘り出しが面倒です。

ネットで調べても、室温保存が良い・・位しか有りません。

家庭菜園仲間から種生姜を貰って出来た普通生姜もたっぷりです。
1syuga151201.jpg
霧島大生姜も立派な生姜です。

結局、冬季に凍らせてしまうのが一番ダメなことのようでして、
プロの保存でも1,2割のロスはあるらしい。

家庭用としては収穫量の1,2割が残れば十分な良です。

そこで一か八かの発泡スチロールボックスで保存を試みます。
中はビニール袋で密閉し、隙間には新聞紙を入れています。
1hozon151201_017.jpg
ダメ元の簡易保存に挑戦です。



里芋は石川早生・大和里芋・赤芽里芋・さくらエビイモ・タケノコイモの5種。
大和里芋はネットリと美味しいイモで煮物や味噌汁など重宝しています。
1ebiimo151201_005.jpg
最晩生の上記2種もそろそろ収穫時期です。

S.F.Takaさんから処分株を送って頂き栽培中の「アスパラガス」。
今春も細い芽が出ていましたが全く収穫しないで養成しました。
肥培管理で翌春の初収穫が楽しみです。

葉も黄色く枯れ出してきました。
1aspara151201_009.jpg
株元を見る限りでは、来春が期待できそうです。



野菜畑では「キャベツ」や「白菜」が採れだしています。
鍋物には白菜が欠かせません。
1yasai151201_007.jpg
プチヴェールも12月に入ったのでそろそろかと・・。

::



スポンサーサイト
2015-02-21 17:27 | カテゴリ:野菜栽培
昨年、ホームセンターでたまたま見つけた
「ころたん」メロンがダメ元で2本購入しましたら、
意外や!、カタログの倍以上の上玉で、
子供たちの家族にも好評でした。

これに気をよくした私は、
2年前に購入していたメロンのタネを思い出しました。

3日前(2/18)のブログに、
2,3行で触れていますがお気付きになった方は居ますでしょうか?

何年か前に自給農園の”タネツギさん”に教えてもらった
めんどり育苗・・自己体温利用崔芽でした。

今回、切っ掛けとなったのは、”T&F自然日記”福田さんの
‘人肌崔芽’記事が目にとまり、
昔のことを思い出して、
早速やってみましょうと3日前に始めた次第です。


丁度良いプラケースもありませんので、
ICカードケースを利用しました。

あり合わせのスポンジを湿らせて、
タネを挟み込んでいます。
1H_kese02c1.jpg
基本的には福田さんが示しているように、
入浴時間以外は肌身離さず首から提げていました。

ほぼ24時間、35℃前後の保温状態です。



普通に購入したタネであれば、
なんてことのないことですが、
今回使ったタネは常温保存の残りタネでした。

2013年1月に入手し、
その年は数本の苗を作って下の畑2に植え付けましたが
収穫には至らずでした。

元々、発芽率の良くないメロンの残りタネです。
1T_meron0221_0c1.jpg




同じく“マクワウリ”も常温保存で、
もう使うことは無いだろう・・と思っていました。
1T_makuwa0221_0c1.jpg
1日に1回様子見していましたが、
早いメロンタネでは開始24時間でタネが割れだしていました。

昨日時点では、メロンのタネ2個が発芽していました。


3日目の今日は、
メロンが3/5個で発芽、
マクワウリでは発芽に至らず、
3個が割れだしていました。
1T_saiga0221_0c1.jpg
もう2,3日保温して、
マクワウリの発芽を促してみます。



発芽していたメロン・タネは、
早速播種しています。
1H_meron0221_0c1.jpg




画像からは分かりませんが、
割れていたマクワウリのタネ2個も播種してみました。
1H_makuwa0221_0c1.jpg

灌水後、野菜苗を育苗中の簡易ビニールハウス内に入れておきました。

これで苗ができれば、
今年はこのメロン苗で勝負です。

::



2014-08-18 13:54 | カテゴリ:野菜栽培
ド素人でも栽培しやすいメロン苗に誘惑されて、
2本のころたん苗を植え付けたのが6月でした。

キュウリ栽培と同様に蔓をネットに絡めて立体栽培です。
授粉から45~50日で収穫のマスクメロンらしいです。

ハクビシン避けに防虫ネットで覆っていました。
1korotan0803c4.jpg




カタログでは果重300~500gの本格的メロンで、
果肉は緑色です。
ネット内に転がっていました。
1korotan0818c2.jpg
開花初期の結実果は総じて小玉(果重300~500g)ですが、
その後の自然受粉果は結構大玉になりました。



1週間前から自然落下の「ころたん」を6個程回収していますが、
今日は大・小8個を回収しました。
1korotan0818c1.jpg
1kg超えのころたんは、ズッシリ重いです。



今日の最小果は400g前後でした。
1korotan0818c3.jpg
自然落下しても実は堅いので追熟してから味わいます。
この品種なら私でも栽培可能です。

::


2014-05-11 15:55 | カテゴリ:野菜栽培
果樹栽培の合間に野菜作りを少々・・。
今年2年目で夏野菜が成長中です。

ポット播きしたソラマメは直播きの方が生育が旺盛らしく、
今年は出遅れましたが一応結実して肥大中です。
1soramame0511c1.jpg
結実後に頂芽を摘芯することでサヤの肥大を促すようです。



玉ねぎは赤玉ねぎなど3品種を栽培していますが、
収穫できだしたので今日も長男夫婦に持たせました。
1tamanegi0511c1.jpg



葉菜類ではレタス・ミズナ・キャベツ・ネギなどを栽培していますが、
玉レタスやキャベツが結球しだしています。
1tamaretasu0511c1.jpg




手前がキャベツで後ろがミズナのトンネルです。
1kyabetu0511c1.jpg




手抜き栽培が出来るマルチ栽培のジャガイモは、
マルチ越しに触ってみますとゴツゴツした触感が確認できます。
1jyagaimo051104.jpg




昨年試しに播いた「未来390」は糖度が34度の極甘で、
今年も再現を狙っています。
1SWcoon0511c1.jpg
横の玉ねぎの二畝は収穫後にスイートコーン第2弾の「ピクニックコーン」で
甘さ比較をしてみようと思っています。



キュウリは2本もあれば我が家では十分量です。
1kyuri0511c1.jpg




今年も雨避け栽培のトマトです。
去年の残りタネでしたが必要本数は確保出来ました。
1tomato0511c1.jpg




お隣さんと南北に半分この野菜畑です。
私は東西方向に畝を作りお隣さんは南北に畝立てしています。
1hatake0511c1.jpg




お隣さんは家の南に畑があるので、
庭先の感覚で野菜作りを楽しんでいます。
1hatake0511c2.jpg

今日も良い天気で、
野良作業日和でした。

::
訪問ありがとうございます。
お帰りに クリックで応援いただくと
励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


2013-06-30 10:32 | カテゴリ:野菜栽培
栽培歴2年の初心者が野菜ネタとは烏滸がましいですが、
今朝収穫したトウモロコシの糖度に驚きましたので、
不本意ながらブログネタにしてみました。

昨年の6月からお隣さんと始めた野菜作りですが、
今年は計画的な作付けが楽しめるものと、
果樹栽培の合間に世話をしています。

トウモロコシ栽培は、下の畑1の空き地を利用して、
2年ほど収穫していまして、初夏の味わいとして続けたい果菜でした。

楽天の通販で4年連続1位の人気!
発芽率70%で難しさNo.1を謳い文句のスイートコーン「未来」です。

そんなに美味しいスイートコーンなら、是非とも・・と言うことで、
「未来390」を3袋購入していました。

黒マルチ2条蒔きで合間に枝豆を蒔いています。
良いらしいことは直ぐ試したくなる性格でして・・。(^_^)

長女のところへ届けるので朝採りを依頼されていました。
糖度の高い早朝にここから二十数本を収穫しました。
丁度、完熟の頃です。
1dc0630c4.jpg



電柵の効果か、ハクビシンの食害はゼロでした。
既に2,3回収穫・味見していました。
昨日は弟夫婦に各種収穫物とこのトウモロコシを手土産に持たせました。
夜、メールが入って枝豆とトウモロコシを完食しました・・との速攻でした。
1dc0630c1.jpg
家内は娘宅へ出向き、私は兄貴のところへお裾分けしてきました。


自宅用に収穫した未来390です。
普通のスイートコーンに比べてやや小振りで色も薄い黄色です。
1dc0630c2.jpg
家内はベビーコーンを楽しみにしていまして、
今年もサラダや天ぷらで美味しく頂きました。


生でサラダにも向いているらしいこの未来、
試しに囓ってみますと確かに甘いトウモロコシです。
糖度はどの位かと・・計測してみますと、
何とも驚きの値です。
1dc0630c3.jpg
果菜類でこの値は信じがたく、何度も計ってみましたが間違い有りません。


未来を食べた後釜に播種した普通のスイートコーンですので、
味の差が著しいかもですが、来年はこの未来を2度蒔きしようかと考えています。
1dc0630c5.jpg




序でに他の果菜類を少々・・。

家庭菜園仲間から聞きますと、
トマトの雨よけで味が激変したらしいので、
やってみました。
苗植え付け後1度も灌水していません。
1dc0630c7.jpg
線虫避けにマリーゴールドが良い・・と言うことで、
2,3種のマリーゴールドを畑に点在させています。


自宅用には各果菜類2本有れば十分量です。
イタリアのナス「カプリス」は、
普通の米ナスよりも10倍美味しい”らしいので播種してみました。
1dc0630c6.jpg
昨年のトマトのこぼれ種から自然実生トマトを植えてみました。


トウモロコシの畝に蒔いた枝豆は今が収穫時期ですが、
少しずらして2番手を用意しています。
1dc0630c8.jpg
オクラは長女のリクエストで栽培しています。
つるなしインゲンも沢山収穫できご近所さんにも
お裾分けできました。

現在、ツルインゲンは絹さやや空豆後地で成育中です。
自給自足の真似事程度ですが、
野菜作りも結構楽しめます。


・・






にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村