2018-06-20 09:09 | カテゴリ:単核類
今朝は梅雨本番の降りようでして、
昨日撮影していた畑の果樹写真の整理です。

さくらんぼも単核類ですが、既に終了しました。
桜桃栽培も縮小の方向でしょうか。
プロにお任せした方が良さそうです。

素人が暖地でもがいても、無駄なことと思い知らされました。


同じ単核類(梅・スモモ・アンズ・プルーン・桃・・)でも、
今年の結実は非常に良い傾向でした。

特にスモモの結実状況は生りすぎ傾向です。
摘果も2,3回やりましたがまだ不十分です。

庭先の「ニュー太陽」に高接ぎの「紅りょうぜん」が色付きでしました。
早速ヒヨが突っつき出しました。
1beniryouzen180619_002.jpg
接ぎ木台木の「ニュー太陽」も生らせ過ぎでしたので、
この後半分以下まで摘果しました。



玉サイズは良いのですが味は今一なスモモです。
1beniryouzen180619_003.jpg




上の畑内のプルーン「フロリナ」はコレでも2,3回摘果しています。
1frorina180619_023.jpg




まだまだ摘果不十分で小玉なプルーンです。
1frorina180619_024.jpg




同じ畑内のアンズ「ハーコット」はまだまだ収穫は続きます。
豊産でした。
1harcot180619_009.jpg
ヒヨが突っついていました。



鈴生りの「ニコニコット」は大分黄色みが濃くなってきました。
1niconicot180619_010.jpg
小玉品種でしょうが、摘果次第では100gは超えそうです。



「おひさまコット」は良い玉サイズになってきました。
まだ固いです。
1ohisamacot180619_019.jpg




受粉樹としての「サンタローザ」です。
1santaro-za180619_021.jpg
スモモの代表的品種です。



狭小ブドウ棚では、袋掛け後に肥大が進行しています。
1Gfinger180619_026.jpg




一度は諦めた「ビッテロビアンコ」も細々と復活です。
1Gol_Bittero180619_028.jpg




下の畑2の拡張畑でブルーベリー圃場を確保しましたが、
土壌が向いていない様で生育不良です。

ピートモスやバークを多めに使っていますが、
まだ安定しません。

僅かに着いた実は大粒です。(^_^;)
1BB180617_008.jpg

今年も追加苗で補強予定ですが、
BB収穫園はまだまだ先の話です。

::



スポンサーサイト

2018-04-24 14:58 | カテゴリ:単核類
2018-03-27 15:22 | カテゴリ:単核類
今日は下の畑1の除草剤散布から始めました。
20リットルの背負い式噴霧器で丁度良い散布量でした。
   
散布後、畑果樹の様子をカメラに収めてきました。
スモモ類が開花最盛期で、桃も咲き出していました。

梨の花芽も蕾が伸び出して開花も近そうです。
リンゴはまだ開花には時間が掛かりそうな・・。

カリンの赤い蕾が伸び出しています。
1karin180327.jpg




「月光」は既に散り始めていました。
美味しいスモモなので増強を図りたいところです。
1gekkou180327_020.jpg




少し木の生長と共に花数も増えてきました。
1sweetkaren180327_021.jpg




豊産性の「恋花火」もいい感じです。
1koihanabi180327_012.jpg




この畑での「貴陽」は結実実績がありません。
畑内にはハリウッドの高接ぎ枝もあるんですが。
1kiyou180327_025.jpg




貴陽の横に植えた受粉樹の「コチェコ」に花がつきました。
お任せ受粉ですが「貴陽」の結実は如何に・・。?
1kocheko180327_026.jpg




桃類も7~8品種有りますが、
花数は少なめです。
1bantou180327_027.jpg




「おどろき」や「夢あさま」も咲き出していました。
1odor_yumea180327_015.jpg
この畑の桃はハクビシンに狙われやすいです。
防御態勢は整えませんと・・。



梨類も一部の豊水で咲き出していますので、
丸い蕾のこれらは丁度良いタイミングで開花しそうです。
1enjyu_nikko180327_011.jpg




流石にリンゴの芽動きは遅いです。
1indo180327_018.jpg




プルーンの「パープルアイ」の蕾が確認出来ました。
高接ぎの「スタンレー」の枝にも蕾がありましたので、
受粉環境は整いつつあります。
1parpuruai180327_004.jpg




帰り道で振り返り撮影です。
1hatake180327_031.jpg




帰宅後、バイクで下の畑2に出かけました。
1,2月頃に実施した各種居接ぎの保湿袋を柿だけそのまま残して外しました。
1sumomodai180327_038.jpg




リンゴは全てJM7台を使用しています。
1JM180327_034.jpg
少ないですがマメナシ台で梨の居接ぎもやっています。

今後一週間の天気予報では20℃前後の晴れが続くようです。
野良日和ですね。(^_^;)

::
2018-03-16 15:33 | カテゴリ:単核類
春の兆しと共に単核類の開花が始まったようです。
アンズの「ニコニコット」はアンズ類の中では早い開花でしたが、
今日時点で各種のアンズが咲き始めていました。

大玉で美味しいアンズとして「ハーコット」は何とか豊産を目指したいところですが、
相性の良い受粉樹「ニコニコット」との開花時期のズレが問題でした。

しかし、今年は例年にない開花時期の同調傾向が見られています。
今朝の「ハーコット」・「ニコニコット」・「おひさまコット」は
多少のズレは見られるものの同期して開花したようにも見えました。
1niconico180316_003.jpg
ニコニコットは1本立ち苗と、
ハーコットの株元に出たヒコバエに接ぎ木した2本仕立てです。



ハーコットに高接ぎした「おひさまコット」は、
ニコニコットに遅れた開花ながら「ハーコット」と同時期の開花です。
1ohisama_har180316_006.jpg
この3品種が同時期に開花しますと、
人工授粉の手間は省けそうです。



一応、梵天でニコニコットの花粉を振りかけておきました。
1harcot180316_009.jpg




同じ畑内の黄色いプルーンの「フロリナ」は開花間近です。
沢山の蕾が付いています。
1frorina180316_020.jpg




ほとんど放任で結実性は良い品種です。
1frorina180316_021.jpg




スモモの「貴陽」はチラホラと咲き出しています。
1kiyou180316_017.jpg




庭先の多品種接ぎスモモの高接ぎ貴陽です。
メスレー・ハリウッド・コチェコなどが受粉樹の可能性です。
1kiyou180316_028.jpg




畑内の「サマーエンジェル」はスモモの中では大きめの花です。
1samerenje180316_015.jpg




「太陽」に高接ぎの「涼呂」の開花はこの畑での一番花でした。
1taiyou180316_016.jpg





1suzuro180316_012.jpg




庭先の「ニュー太陽」も良く生るスモモです。
1newtaiyou180316_023.jpg




庭の30年生多品種接ぎスモモは今年も花芽付きは良好です。
高接ぎの「ハリウッド」が咲き乱れています。
1tahinnsyu180316_029.jpg

今朝もクリニックで風邪対策してきました。
今ひとつ状態が戻りません。

::



2017-06-19 16:55 | カテゴリ:単核類
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村