2017-03-08 16:56 | カテゴリ:スモモ
今朝は冷え込みが厳しくて真冬なみの-0.4℃でした。
日中は12℃前後で陽差しは暖かでした。

下の畑2でスモモ類の花芽の様子を観察してみました。
スモモは大木になりやすく、
樹高が5,6mも当たり前ですが、
ウチの畑ではコンパクト樹形で樹高1.5m前後に留めています。

今年もそれなりに実付きが期待できる感じの
花芽付きのようです。

主幹部が傷みやすい品種の「秋姫」です。
大玉すももですが、本場では袋掛け栽培が主流のようです。
1akihime170308_002.jpg




結実性は良さそうです。
1ALouji170308_011.jpg





「いくみ」の受粉樹として相性が良いようです。
大玉品種です。
1BIGozark170308_020.jpg




果皮の色が綺麗な「月光」です。
1gekkou170308_008.jpg




典型的な受粉樹として知られる「ハリウッドですが、
極早生で開花時期が早すぎます。
1hollwood170308_025.jpg




三角形の果実は独特で色も緑っぽい「ケルシー」です。
1kelsy170308_023.jpg




昨年は自然受粉でそこそこの結実でした。
今年は「コチェコ」の花粉が間に合うかも知れません。
1kiyou170308_028.jpg
「メスレー」が受粉樹になるかもと推測しています。



花芽付きは良好な「ニューハニーあやか」です。
1newhaney170308_004.jpg




豊産性では無いが糖度は高い「紫峰」です。
1sihou170308.jpg




美味しい品種では無いです。
1suzuro170308_017.jpg




結実性も良好な「スイートカレン」です。
1SWkaren170308_006.jpg




畑2の「露茜」が漸く咲き出しました。
畑1の露茜では、既に花が散っています。
1tuyuakane170308_013.jpg

スモモの花が咲き出しますと、
畑は一気に賑やかさを感じるようになります。

害虫も始動開始となり、
農薬散布などの作業が増えてきます。

::




スポンサーサイト
2016-08-04 16:58 | カテゴリ:スモモ
このところスモモ・ネタが続きましたので辟易されていますでしょうか・・?

この時期、収穫できる落葉果樹といいますと 
スモモ・プルーン・桃が主体なんです。

ブルーベリーも有りますが、収穫時の撮影を忘れています。

畑2では「秋姫」と多品種接ぎで品種不明のスモモを収穫。
画像無し!!

上の畑内では、
虫除けネットで保護していた「バイオチェリー」の収穫です。
この樹は元木が「プラム井上」で、貴陽・太陽・バイオチェリーなど
6品種を高接ぎしています。
1biochery160804_007.jpg




このバイオチェリーは早い時期からこの果皮色となり、
収穫時の判断が難しいスモモです。
本日、触って見ますと果肉の柔らかさを感じられました。
1biochery160804_008.jpg
特別美味しいスモモでも無いですが、
珍し系の一品種です。



核離れが良くてプルーンっぽい果肉です。
1biochery160804_013.jpg




同じ樹に残っていた「貴陽」も回収しました。
1biochery160804_015.jpg




この「太陽」も同じ樹に高接ぎです。
果皮の着色は良い感じです。
まだカチカチに固いです。
1taiyo160804_006.jpg




こちらの「太陽」は一本立ちのものですが、
奥に高接ぎの「トパーズ」が黄色く色着いています。
1taiyo_top160804_005.jpg
太陽はスモモ類の中では晩生品種です。
味は濃厚で美味しいスモモです。

::




2016-07-26 18:35 | カテゴリ:スモモ
2016-07-21 17:50 | カテゴリ:スモモ
下の畑1に出かけてみますと、
また桃の食害を発見しました。
「なつおとめ」を3,4個食べた様子で、
周囲ネットを点検しましたら10センチほどの破れを発見、
即、修繕しておきました。

最近は太い縫い針とナイロン糸は必携品になりました。

まだチョット早いですが完食される前に4個程収穫してきました。
横のスモモは「スイートカレン」です。
1natuo_SWkare160721_004.jpg




昨年は食害対策を怠った為に収穫ゼロだった「夢あさま」ですが、
今年はスッポリ防虫ネットで保護しています。
1benia_SWkare160721_010.jpg




成りすぎで小玉な「恋花火」も色着き出しています。
1koihanabi160721_008.jpg




日本一さんのブログに登場していた「月光」はこの畑にもありました。
食害も見られましたが良さそうな実を収穫してきました。
1gekkou160721_011.jpg




100g前後のスモモです。
1gekkou160721_039.jpg




一つ糖度を計測してみますと、
意外と高く、本日の一番となりました。
1gekkou160721_038.jpg




上の畑内に戻って、スモモの収穫続行です。
「バイオチェリー」を試し採りしましたが、チョット早いですね。
1biochery160721_018.jpg





1biochery160721_024.jpg




玉サイズはまずまずですが、
味はお薦めできません。
1bigozark160721_020.jpg




「紫峰」の残り果を収穫しました。
1sihou160721_019.jpg




上の畑内のスモモ類です。
1si_bi_bio160721_025.jpg




貴陽の木に高接ぎの「ジュピター」も大玉です。
1jyupiter160721_029.jpg





1jyupiter160721_031.jpg



「貴陽」が落下し出しましたので、
全収穫しました。
落ちた実の方が大玉でした。
1kiyou160721_026.jpg




まだ固い実は、3,4日追熟して柔らかくなった頃が食べ頃でしょう。
1kiyou160721_028.jpg

とても食べきれませんので、
ご近所にお裾分けします。

::


2016-07-18 19:15 | カテゴリ:スモモ
東海地方が梅雨明けとなり、例年より3日早いらしい。
陽差しはありがたいですがやはり暑いです。

水分補給しながら畑2のスモモ類の一部を収穫してみました。
ネットで鳥害対策した甲斐が有り、全滅は免れました。

僅かな隙間からコガネムシの侵入はありましたが、
思った以上に収穫果は多かったです。

余り特徴の無いスモモですね。
これと、次の品種は特に必要ないかも知れません。
1sumerbyu160718_006.jpg




個性が無くて、単に豊産性だけかも知れません。
1sumerbyu160718_007.jpg




1本有れば十分です。
1sumerenj160718_008.jpg





1sumerenj160718_013.jpg





初収穫果の「アルプス王子」。
まだ固いので3,4日後の味見です。
1ALouji160718_002.jpg
外見は紫峰に似ています。



最新種は個性的な物が少ない様に感じます。
1ALouji160718_004.jpg




「黒琥珀」の果皮が大分黒っぽくなってきました。
初生り果は小玉ですがその片鱗は感じられます。
1kurokohaku160718_020.jpg




2個収穫してみましたが、
カチカチに固いスモモでして暫く追熟が必要です。
1kurokohaku160718_018.jpg

皆様、熱中症にご注意下さいませ!!

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村