2018-01-13 16:50 | カテゴリ:冬季剪定
スポンサーサイト
2018-01-11 18:33 | カテゴリ:冬季剪定
晴れて快晴なれど日中の最高気温は8.7℃と10℃以下で
南風が冷たい一日でした。

寒風に負けじとタップリ着込み、熱いコーヒーもポットに用意し、
イザ下の畑2へ・・・

今日は剪定後に残した太目の枝を拾い集めの後片付けです。
鋸やチェーンソーで切った太枝は、
朽ち果てるのに時間が掛かりますので細枝はそのままで、
太枝のみを集めました。1senteisi180111_001.jpg
一輪車で5回ほど運びました。


一服の時間では
熱いコーヒーを飲みながら煙を燻らせます。(-.-)y-~~
1cafe180111_014.jpg




各果樹の株元に残る太枝と細枝です。
1senteisi180111_004.jpg
小枝類はやがて土に帰り、肥やしとなります。



この畑には2年前に購入したドラム缶焼却炉があり、
その横に集めた枝を積み上げています。
1senteisi180111_010.jpg




今日の午後は、
焼却炉の煙突が錆びて崩れてしまったので
HCでステンレス製の煙突を購入してきました。
1senteisi180111_012.jpg
明日辺り、焼却開始でしょうか。

::

2017-12-02 18:23 | カテゴリ:冬季剪定
午前中は下の畑1に出かけて栗の剪定です。
栗の木は紅葉しても落葉しにくくて、
緑の葉も少し残っていましたが剪定しました。

栗の木は生長が旺盛ですので、
縮伐気味の剪定作業でした。
1kuri171202_002.jpg
「ぽろたん」と「トゲなし栗」の2本です。



樹冠部を切り詰めた「ぽろたん」です。
1porotan171202_004.jpg
新梢を1/4ほど切り詰めて、剪定収量です。



同じ様に「トゲなし栗」も縮伐・剪定しました。
1togenasi171202_003.jpg
来年も、防除をしっかり実施ですね。


ぽろたんの横にある「マルメロ」はまだ緑の葉でしたが、
序でに剪定です。
1marumero171202_006.jpg




帰宅時に振り返って剪定した栗を眺めています。
樹高も低くなりスッキリしました。
1kuri171202_010.jpg




午後は一気呵成に上の畑内の剪定作業です。
梨やキウイは後日に回して、
杏やスモモ・プルーンなどの剪定でした。


畑の北側から剪定前と剪定後です。
1after171202_029.jpg



スモモ類「貴陽」などの剪定前・後です。
1after171202_030.jpg
剪定枝は後日かき集めて、
粉砕機でチップにします。


畑の南から剪定前と剪定後です。
普段余り見る機会の無い角度からです。
1uenohatake171202_023.jpg




同じく南から見ていますが、
剪定後のスッキリ感がハッキリと分かります。
1本の多品種接ぎ金柑の緑が目立ちます。
1uenohatake171202_025.jpg
明日は、晩生種キウイの収穫祭です。
早朝は下の畑2で兄弟家族のキウイ狩りです。

その後は会社時代の同僚の訪問で、
下の畑1のキウイ棚でもぎ取り体験です。

::


2017-11-29 19:11 | カテゴリ:冬季剪定
昨日・今日と小春日和の剪定日和が続いています。
昨日は下の畑2のリンゴを全て剪定し終えました。
15~16本程度でしたが、午前中で完了しました。

午後からは、下の畑1に出かけて洋梨の剪定などを行っていました。

今日は下の畑2でスモモなどの居接ぎ苗を移植し、
各種台木の穂木採取を行いました。

今年は不作だったリンゴ類ですが、
木を見る限りは、
花芽も多く見られるので、
来季は期待出来そうです。
1ringo171128.jpg




この大きさが限度のコンパクト樹形です。
割り切って管理していけば、
剪定作業も短時間で済みます。
1ringo171128_003.jpg




リンゴの花は果樹の中では
可憐な花で
好きな栽培家も多いようです。
1ringo171128_004.jpg




多品種栽培の利点は
受粉を気にしなくてもお任せで結実してくれます。
1ringo171128_015.jpg
太枝は処分しますが、
細枝はそのまま放置しています。



下の畑1の洋梨は、
樹冠部が徒長枝で鬱蒼としていましたが、
剪定後はスッキリしました。
1younasi171128_022.jpg
和梨の「にっこり」はまだ葉が緑だったので、
後日剪定します。



栗の木(ぽろたん・トゲなし栗)はまだ葉がしっかり着いています。
1kuri171128_023.jpg



各果樹の台木作りも必須の作業です。
その為に穂木採取用の親木は貴重です。

桜桃の台木には矮性台木など各種が知られています。
コルト台の矮性種のようです。

1cort_x171129_007.jpg




オーソドックスな桜桃青葉台木です。
1aoba171129_010.jpg




桜桃の「スーパー6台」で矮性台のようです。
1S6_171129_006.jpg
今日は最も多用している「コルト台」用の穂木を採取しました。



単核類の台木は各種有り、
スモモ台が最も入手しやすいですが、
「富士野生桃台」は最近の苗木に多用されています。
本日、富士野生桃台の穂木を採取しましたが、
昨年より太くて素性の良い穂木が取れました。

「ひだ国府枝垂れ桃台」も良さそうです。

リンゴの台木も矮性の強弱で多種知られていますが、
私はこの「JM7台」を多用しています。
1momodai171129_008.jpg
冬期の作業は剪定作業もさることながら、
苗木の移植や穂木採取など
あれこれ忙しく動き回っています。

::




2017-11-27 15:46 | カテゴリ:冬季剪定
昨日・今日の午前中は下の畑2で剪定作業でした。
昨日は新調の小型チェーンソーを使って、
桃やスモモ、リンゴなどの太枝整理をしました。

剪定しながら翌春の接ぎ木などに使う穂木採取も行いました。
バックアップ苗の準備です。
1hogi171127.jpg 穂木採取は数数日前からやっていまして、
保冷保存は発砲スチロール箱で昨年と同様です。

ハスクバーナーなど3台のチェーンソーがあったのですが、
果樹の枝打ちに小回りの効く小さいチェーンソーが欲しかった。!!

安物ですが小型・軽量で扱いやすいです。
切り残してあった「桃水」桃の太枝を切りました。
1tousui171126.jpg





1tousui171126_001.jpg
他の桃では「白麗」も桃水と同じ位の木でしたが、
チェーンソーで縮伐しました。



既に剪定済みスモモの向こうには手付かずのスモモが多数・・・
今日はこれをやっつけます。
1sumomo171125_009.jpg
昨日、太枝はチェーンソーで切ってありましたので
今日は徒長枝や不要枝の剪定と、
切り落とした太枝の整理でした。



本日全てのスモモの剪定を完了し、
一部、リンゴや拡張畑の杏の剪定も終了しました。
1sumomo171127_002.jpg
まだ、リンゴは7,8本残っています。



残るはまだ緑の葉が茂る梨類とキウイ棚です。
1nasi171127_006.jpg
今年はキウイの師匠が長梢剪定の実技指導をしてくれる様です。
楽しみです。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村