2016-12-17 17:25 | カテゴリ:冬季剪定
今朝は今季一番の冷え込みで零下でした。
キウイの葉も一気に落ち出しました。

このところ天気は西高東低の良い天気に恵まれまして、
毎日が朝から午後まで、
各畑の剪定作業や移植苗の堀上げ・植え付け作業です。

各畑のキウイは、上の畑のみが剪定を終わっていますが、
畑1と2のキウイ棚は今朝の冷え込みで、漸く着手の予定です。

畑2の桜桃、ジョイントも明日辺りから剪定しましょうと考えています。

一昨日から今日まで、畑1と畑2で剪定を行っていました。
「次郎」柿も剪定し終えました。
1jirou161216_007.jpg
ヘタムシ被害が多かった次郎柿、良い殺虫剤で対応したいところです。



畑1,2ではこの「貴陽」が1本だけで、
授粉樹の影響と思われる結実不良が続いています。
1kiyou161216_003.jpg




カリンの代替えとして栽培中の「マルメロ」は、
1/3に切り詰めました。
1marumero161216.jpg




栗の「ぽろたん」も害虫被害が多発でした。
こちらも殺虫剤を選ぶ必要がありそうです。
1polotan161216_001.jpg




畑2のりんご類もコンパクト樹形を目指します。
「スリムレッド」も樹形をスリム化しました。
1slimred161215.jpg




他のりんご類もスリム化しています。
1ringo161215_001.jpg




畑2の柿も軽く剪定しました。
1soudawase161215_005.jpg




畑2のスモモ類、コンパクト樹形を徹底し、
樹高は2m以下を徹底しています。
1sumomo161215_003.jpg




畑1のスモモや杏を堀上げて、
畑2の拡張畑に移植しました。
1uetuke161217.jpg




畑2の拡張畑では、
桃や梨、柑橘の移植が残っています。
1uetuke161217_002.jpg
次第に拡張畑も賑やかになってきました。
今月中に移植作業を完了したいところです。

::


スポンサーサイト
2016-12-13 15:24 | カテゴリ:冬季剪定
久しぶりの降雨予報でしたが、
午前中は持ちそうだとの判断で下の畑1へ・・。

各果樹の落葉も進んでいましたので、
枝振りが見やすくなっていました。
徒長枝が目立ったのが洋梨の3本で、
桃類やスモモ類も思い切った切り詰めを始めました。

西洋ナシは徒長枝が伸びやすくて、
花芽はそのような枝に着きやすい習性があって、
樹形を崩しやすい果樹です。

しかし、放任にも限度があるので、
切り詰めざるを得ない場合が多いです。
Z:ゼネラルクラーク、O:オーロラ、C:カルフォルニア
1younasi161213_002.jpg




樹冠部の徒長枝を整理しました。
1zeneral161213_005.jpg




少しばかりの徒長枝を残して、
樹冠を整理しています。
1calfol161213_006.jpg




ピンぼけがお粗末なオーロラの整枝後です。
1orola161213_004.jpg




畑全体を見渡すと、スッキリしたと思います。
自画自賛!!
1sentei161213_010.jpg




似たような徒長枝が発生の「カリン」も樹冠部を切り詰めています。
1karin161213_003.jpg




プルーン類(3本)も徒長枝の伸びは旺盛でして、
1.5m位に伸び出していましたので
バランス良く整理しました。
1purun161213_009.jpg

桃類では太枝(10cm)を手鋸で切り落としたり、
スモモの下枝なども整理しました。

そうこうしているとポツリポツリと小雨が・・。

続きは、又にして11時過ぎの帰宅です。

::

2016-12-10 17:04 | カテゴリ:冬季剪定
今日は富士宮で果樹栽培を手掛ける居残りさんが
朝方、寄ってくれたのでお譲りする苗木を堀上げて、
そのまま富士宮の果樹畑にお邪魔してきました。

12月とは思えない暖かな畑でしばし果樹談義でした。

午後は、下の畑2でりんごやスモモなどの枝打ち作業です。
広がった枝を整理して、コンパクト樹形に更新です。

剪定用手鋸でも切れないことはないですが、
チェーンソーの馬力にはかないません。
1hatkesecond161210_002.jpg




落とした細かい枝は、そのまま朽ちらせますが、
太目の枝は50センチほどに刻みました。
1hatkesecond161210_003.jpg
乾いた頃拾い集めて、ドラム缶焼却炉で草木灰にします。



畑2に備え付けのチェーンソーは1年ぶりの作動でしたが、
数回のスターター引きでエンジンが掛かり助かりました。
1cheensow161210_008.jpg
作業前に目立ても行っています。
タンク満タンにして始めた作業も、
ほぼ作業終了と同時にガス欠になりました。



りんごの木も横に広がってきましたので、
枝打ちしています。

緑の矢印部分を枝打ちしました。
1hatkesecond161210_010.jpg




中には多品種接ぎのりんごもありまして、
品種を残したいので枝打ちし難い木も有りました。
1hatkesecond161210_006.jpg




残る徒長枝は後日剪定鋏で処理する予定です。
1hatkesecond161210_015.jpg




今年はまだ葉が残る垣根仕立て梨で、
防鳥ネットもまだ片付いていません。
1hatkesecond161210_016.jpg




富士宮の居残りさんのキウイは大分葉が落ちていましたが、
当地はまだ多くの葉が残ります。

キウイも12月中に剪定を終わらせたいところです。
1hatkesecond161210_017.jpg
日本みつばちも日中は飛び回っています。

::


2015-12-15 17:22 | カテゴリ:冬季剪定
天気予報とは裏腹で、
暖かな野良仕事日和でした。

下の畑1で冬季剪定の本格化です。
午前中は、剪定鋏とノコギリを使って、
スモモ・プルーンと洋梨の剪定でした。

プルーン類は良い授粉樹が無いので結実不良です。
剪定後のプルーン類です。
手前が「ジョーク」で奥に「パープルアイ」など・・
1jyoku151215_008.jpg




スモモ類も10種近く植え付けて有りますが、
剪定と縮伐が主な作業になりました。
1biochery151215_001.jpg




洋梨は3本植え付けてありまして、
徒長枝の整理と枝隙作業です。
1younasi151215_002.jpg




午前中の作業でこの徒長枝も整理しました。
後ろに写っている栗の葉はまだ落ちきっていません。
午後の仕事で枝隙をした栗2本です。
1younasi151215_006.jpg




午後からは伐採作業などもあったので、
チェーンソーを持っていきました。
太目の枝払いもチェーンソーで効率的にこなせました。
1chensow151215_013.jpg




桃の「日川白鳳」の株元は2本立ちでしたが1本(直径10cm程度)を伐採しました。
1hikawahakuhou151215_020.jpg




キウイ棚横には桜桃の「黄色いさくらんぼ」株元直径10cm以上でしたが、
枯れてしまいました。
チェーンソーで切り刻みました。
1kiroisakuranbo151215_010.jpg




「貴陽」は大幅に縮伐で、
剪定はこの後、枝隙や切り詰めを実施の予定です。
1kiyou151215_017.jpg




縮伐後の「貴陽」。
1kiyou151215_028.jpg




余り美味しくなかった「スイート光黄」は、
要らないので伐採しました。
1SWkouki151215_012.jpg
直径15cm程の株元も切り刻んで終了です。



栗の剪定作業は切り詰め剪定が残っています。

1kuri151215_026.jpg

剪定作業は翌年の結実を左右する作業です。
大胆且つ繊細な思考作業です。
失敗が無い様にしなくては・・・。

::

2015-12-06 16:39 | カテゴリ:冬季剪定
当地も漸く落葉果樹の紅葉・落葉が始まったようです。
庭先の「さくらんぼ置き場」の桜桃樹の葉も黄色が目立ち出しました。

山形のS.F.Takaさんは今日から桜桃の剪定作業に取り掛かる・・とのことで、
張り切っていましたが天気は大丈夫でしたでしょうか。

今日の当地は午前中には日差しもありましたが
薄曇りの天気でした。

私の桜桃樹剪定は来年の1,2月頃の予定です。
1outou151206_006.jpg




桜桃の葉は遅くまで残るのが理想なんですが、
今年の落葉は例年になく遅い感じです。
1outou151206_008.jpg
来季のさくらんぼは如何に・・?



上の畑内の落葉果樹もまだ緑の葉を着けていますが、
見切り発車で剪定作業を始めています。

この畑にはスモモ・リンゴ・杏・梨・柿・桃・キウイ・ブドウ・・など、
多種多様ですが手を着けられる樹種から剪定していきます。
1sumomo151206_011.jpg




リンゴも最終果を収穫後に、
徒長した夏枝を整理しました。
1ringo151206_012.jpg




貧弱な「らくらくふじ」が残っていました。
徒長しもほとんど無くて植え替え傷みが残ったままです。
1rakufuji151206_004.jpg




柿の「太秋」も全て収穫しました。
ほとんど無剪定で良さそうです。

1taisyu151206_002.jpg 




庭先に残る「カイドウ」には、
姫リンゴ程度の実が沢山残っています。
やがて冬鳥のエサとなることでしょう。
1kaidou151206_008.jpg




今年最後の落葉果樹の収穫果でしょう。
しばらく太秋の消費係に徹します。
1taisyu151206_001 (2)

これから年明けまで、
各畑の剪定作業が延々と続きます。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村