2017-05-24 19:44 | カテゴリ:もも
ほとんどほったらかしで見映えのしない桃の樹ですが、
少し残った幼果は袋掛けしないと絶対ダメになります。

気持ちが乗らない作業ですが、
少しずつ袋掛けを始めました。

昨日は下の畑1の桃に袋掛けを済ませています。
今日は午後から、
下の畑2と拡張畑の袋掛けでしたが、
全ての桃に袋掛けは出来ず、後日の仕事が残りました。
上の畑内の2品種も袋掛けしましたが、1本残りました。
例年に比べて、袋掛け数は半分以下になっています。

拡張畑に移植後1年生です。
1abuku_bigetu170524_018.jpg




畑2のこの2本も残した幼果は少ないです。
袋掛けが面倒なので・・。(^_^;)
1hakur_hanay170524_011.jpg




拡張畑の幼木です。
1kouki_nozaw170524_015.jpg




上の畑内にも「なつっこ」はありますが、
予備苗的位置づけです。
1natuk_tosui170524_014.jpg
「桃水」も袋掛け果はごく僅かです。



小苗の2本です。
1touko_touyou170524_012.jpg




上の畑内の「山吹大玉あかつき」は大分くたびれて来ましたので、
次の世代を養成中です。
TUKIAKARI1YOA_tukiak170524_010.jpg




植え付けて1年後の初結実です。
果梗が短くて、袋掛けが難しそうです。
1buramury170524_019.jpg




畑2の酸果桜桃の「ノースピュア」の結実状況です。
1Npyua170524_001.jpg




この畑には3,4本のノースピュアがあるはずです。???
1Npyua170524.jpg




柿類の開花も始まったようです。
害虫「柿のヘタムシ」防除が始まります。
1orenjiS_souda170524_023.jpg




今春高接ぎの「東京ゴールド」の幼果はゼスプリゴールドに似た形状です。
1TokyoG170524_003.jpg

りんごや梨の袋掛けもあります。
ブドウのジベ処理作業もそろそろ始まりそう・・。

農薬散布や除草作業など、夏に向けて大変です。

::


スポンサーサイト
2016-08-08 16:47 | カテゴリ:もも
今日も猛烈な夏日です。

パンツまでグッショリで、水分補給はこまめに取っております。

畑からの帰り道、養蜂家師匠の家で師匠を見かけて、
バイクを止めますと。

この暑さで、日本みつばちの巣箱で巣が溶け落ちているとのこと・・。
師匠のところでは3箱の巣箱で巣が溶け落ちているらしく、
仲間のヒトでも巣落ちが発生しているらしい。

幸い、我が家の3箱は今日現在巣落ちは認められていない。

今日は、中生種の桃を2品種、収穫してみました。
一つは、上の畑内で100リットル大鉢の半地植えの「なつっこ」です。
袋掛け果の半分以上が傷み果で消失していますが、
何とか味見程度は確保できました。
1natukko160808_010.jpg





1natukko160808_012.jpg




特に糖度の高い品種では無いですが、
なつっこで15度は上出来でしょう。
1natukko160808_011.jpg




下の畑2の「白麗」はやや早目の収穫です。
固めの桃で日持ち性が良いので追熟しながら食べるつもりです。
1hakurei160808_007.jpg




大・小様々ですが、
完熟果は甘い桃です。
1hakurei160808_019.jpg





1hakurei160808_021.jpg

下の畑2には「あぶくま」と「桃水」が残っています。



下の畑2では簡易レインカットブドウ栽培を今年からやっていますが、
このほかに垣根仕立ての雑多なブドウが結実しています。

袋掛けしていますが、鳥に突かれますので
応急的に防鳥ネットを絡めておきました。
1budou160808.jpg




下の畑1のネクタリンを見に行きましたが、
まだ堅くて早採りも出来ませんでした。
2,3回収穫したスモモの「恋花火」は、
防鳥ネットで鳥害ブロックしているのでまだ残っていました。
1koihime160808_016.jpg
防鳥ネットを外しながら全部の実を回収してきました。

明日は、市立中央病院で消化器内科の検査予定です。
ふうっ!

::




2016-08-03 19:30 | カテゴリ:もも
下の畑1の桃類も残りが少なくなりました。
ハクビシンの食害はブロックできているものの、
管理不十分で傷み果が半分以上を占める駄作状況です。

今日は蟠桃を回収しましたが、
収穫果の倍以上が傷み果となっていました。

一応、防虫ネットで虫除けはしていましたが、
蟻が集っている実が見られました。
収穫後の「蟠桃」の樹です。
1bantou160803_014.jpg




チョット早い感じですが、
小さい赤蟻が着き出していましたので全収穫です。
1bantou160803_006.jpg
傷み果はこれと同じ以上の数でした。



孫悟空が好んだと言われる蟠桃の一種です。
1bantou160803_004.jpg




今年の「おどろき」桃は絶不調でした。
傷み果も多い割に結実数や大玉は影を薄めています。
1odoro_kimi160803_011.jpg
黄色い桃の「黄美娘」も最終果でした。



先日も沢山収穫していたスモモの「恋花火」ですが、
今日もたっぷり収穫しました。

木を揺すって落ちた実を拾い集めました。
防鳥ネットが掛かっている木ではこの方法が手っ取り早い収穫法です。
1koihanabi160803_002.jpg




本日の収穫果「恋花火」です。
1koihanabi160803_013.jpg




カタログでは9月の収穫ですが、
既に自然落下も多数見られ果皮の色付きも進んでいました。

例の木を揺すりますとポロポロと落果しました。
この画像は収穫後の傷み果の転がった状況です。
1topars160803_008.jpg




拾い集めた「トパーズ」です。
1topars160803_010.jpg

生らせ過ぎですので小玉です。

::


2016-07-23 17:55 | カテゴリ:もも
2016-07-03 17:53 | カテゴリ:もも
畑1の果樹は桃・スモモ・ブルーベリーなど、
例年になくハクビシンの食害が頻発しています。

防獣ネットに穴を開けての侵入で、
イタチごっこが続いています。

今日は例え侵入されても食害を防ぐために
各果樹の木にスッポリと防虫ネット製巾着袋を被せました。

畑1の全てには対応できませんので、
この「黄ららのきわみ」はそのままです。
1kirara160703.jpg




りんごの「ぐんま名月」に少し袋掛けしてあります。
1hatake160703_001.jpg




「なつおとめ」を少々と対策した「ハネージュ」です。
1natu_hanei160703_011.jpg




ここ何年か結実していても、
味見は全く出来ていませんでした。
1hanei160703_007.jpg




蟠桃も枝整理して袋を被せました。
1bantou160703_009.jpg




「おどろき」も少し防御してみました。
1odoroki160703_004.jpg




昨年は全滅でしたので今年は味見用にブロックしてみます。
1yumeasama160703_003.jpg




清水白桃は枝を3本折られました。
ハクビシンが大暴れしたようです。
まるでヒトの仕業です。
1simizu160703_008.jpg




スモモの「恋花火」にも
防鳥ネットを絡めておきました。
1koihanabi160703_002.jpg

鳥獣害対策で追い回されている果樹栽培です。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村