FC2ブログ
2020-03-21 16:30 | カテゴリ:ブドウ
これらの作業は一昨日と昨日で終わる予定でしたが、
昨日は朝から強風で1,2mの展張で諦めました。

今日は7時から畑に出向き、
無風状態でビニールシートを展張できました。

ブドウ棚の雨除けシート受けの骨組みを完成しました。
まだ、シートは展張しませんがビニールシート止めのビニペットも設置しました。

2,3日前の下の畑1の様子から。
杏やスモモの花が咲き、
桃も咲き出していました。

アンズの「紅浅間」は昨年で終わりかと思うほどに弱っていましたが、
復活してきました。
1beniasama200318_027.jpg


月光はメスレーの花粉で受粉しますが、
高接ぎしていたメスレーの枝が枯れてしまいました。
1gekkou200318_024.jpg


この「恋花火」の結実性はすこぶる良好です。
1koihanabi200318_029.jpg


「トパーズ」もまずまずでしょうか。
1topars200318_034.jpg


このカリンは、
新規に作った幼木カリンです。
今年初生りが見られるかも・・。
1karin200318_013.jpg


従来の「カリン」木の花です。
1karin200318_010.jpg



さて、
ブドウ棚です。
漸く骨格が完成しました。

まだ、肝心のブドウ苗が小さいので、
雨除けシートは来季の予定です。
1budoudana200321_007.jpg


ビニールシートをしっかり固定するため、
ビニペットを活用します。
1budoudana200321_015.jpg


強風で2日掛りになったレインカットブドウのシート張りです。
今日の早朝、まだ風が吹き出す前に張り終えました。
1raincut200321_002.jpg


ビニペットとシート押えテープで風対策は万全です。
1raincut200321_004.jpg


ビニペットを両側、10cmほど低く下げたので、
防獣ネットが余裕で張れるようになりました。
1raincut200321_013.jpg


畑2では杏やスモモ類が開花中でした。
1hatake200321_017.jpg

従兄や親戚のおばさんから電柵設置依頼を受けていまして、
2セット、10万円の道具類を注文しています。

::




スポンサーサイト



2020-02-14 14:36 | カテゴリ:ブドウ
ブドウの休眠枝接ぎは苦手な接ぎ木でして、
何年か前に同じ様な接ぎ木挿しを行いましたが
管理不足で失敗しています。

今回は2度目の挑戦ですので5割の成功率を目指します。
発根には27℃の地温が必要です。
幸い保温設備は手持ちの道具で賄えそうです。
フィンガーライムの挿し木に使った保温環境です。

昨日は23.6℃の気温でsシャツ1枚で汗ばみました。
今日は曇りながら17℃で作業しやすいです。
開花中の河津桜にはメジロやヒヨドリが集まりにぎやかです。
1kawadu200214_036.jpg



1kawadu200214_038.jpg


さて、今回の接ぎ木作業で参考にしたのは
九州⼤学農学部附属農場 果樹研究室の
ブドウの接ぎ木(鞍接ぎ) です。

その手順に沿って、
穂木と台木のクサビ加工から・・。
一応、切り出し刀や鋏類はアルコール除菌しています。
1kirimen200214_013.jpg


穂木と台木は同じくらいの太さが理想ですが、
違っても片方の形成層を合わせれば問題ないと思います。
1kuratugi200214_002.jpg
この鞍接ぎでは結合性が良い感じです。
ちなみに台木は「テレキ5BB」の挿し木苗です。

結合後に余計な部分を鋏で処理します。
1kuratugi200214_014.jpg
その後、メデールテープで台木と穂木を保湿するように巻いています。

挿し床は厚さ7cmのロックウールを7cm角に切り、
バットに水を張って吸水させていました。

挿し木時には発根促進剤の「CLONEX」を塗布しています。
1sasidoko200214_022.jpg


簡易ビニールハウス内に置いた水槽へ
バット毎設置しました。
1hooncase200214_023.jpg


27~28℃前後に設定して温度管理します。
1sarmo200214_026.jpg


ブドウの挿し木や居接ぎでは
遮光下で管理するとカルス形成が促進されるようです。

よく畑でブドウ苗を作る際に
挿し穂全体に土をかぶせるのは遮光しているからの様です。
1syakou200214_027.jpg

今回は上手く行きますように・・。

::









2019-12-25 13:46 | カテゴリ:ブドウ
2019-12-22 13:43 | カテゴリ:ブドウ
冬至、今日は陽差し無く冬空です。

庭先の「さくらんぼ置き場」の桜桃樹が黄色く紅葉してきました。
「紅ゆたか」は落葉しましたが「香夏錦」は落葉中。
1outou191222.jpg


佐藤錦の葉はまだ緑です。
1outou191222_001.jpg


久しぶりに下の畑1へチェーンソーを持参で出かけました。
枯れ込んだ栗の「ぽろたん」の不要部位を切り落としたり、
処分桃の伐採など縮伐も進めました。
1hatake191222_022.jpg


太枝がゴロゴロと転がっている畑内です。
1hatake191222_026.jpg


その後、今年1年間は雨避け無しで栽培していた
レインカット仕立てのブドウの剪定作業です。
1raincut191222_005.jpg


葉が落ちた状態では繁茂具合が想像できませんが、
鬱蒼としていたのが嘘のようです。
1raincut191222_009.jpg
ブドウの向こうにはキウイ棚がありますが
まだ青々とした葉が残ります。

剪定枝は切り刻んで、株元に棄てています。
1raincut191222_012.jpg
繁茂時期にはトンネルでした。

絡み合った蔓を切り刻み、
結実枝は3,4芽残しました。
1raincut191222_013.jpg


剪定後のスッキリしたレインカットブドウです。
1raincut191222_015.jpg


来春の開花時期に雨避けシートを張る予定です。
1raincut191222_020.jpg

畑2のレインカットブドウや庭先のブドウ棚の剪定作業が残ります。

::




2019-12-20 14:20 | カテゴリ:ブドウ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村