2017-06-02 15:40 | カテゴリ:下の畑1
今日は熱い陽差しを感じる晴れの日で、
当地(富士市)は29.9℃と県下で一番の高温でした。

風が強めに吹き続けていましたので湿気はなくて助かりました。
久しぶりに下の畑1の様子見に出かけてみました。

この畑の桜桃は手入れ不十分でボロボロ状態ですが、
3本ある「月山錦」の一番小木に1個結実が分かっていました。

雨避け兼防鳥対策として、果樹袋の「ビコー」を被せました。
1gassan170602.jpg
庭先の月山錦も1粒残っていますが、
昨日ビコーを被せています。(^_^;)



BBの路地植えは手入れもほとんどしていませんが、
毎年確実に実を着けてくれます。
昨年は初めてハクビシンの食害にあった「スパルタン」です。
1spartan170602_008.jpg




他の品種もそれなりに実を着けていますので、
生食・ジャム作り素材として貴重です。
1BB170602_013.jpg




畑1のキウイ類も比較的順調な結実状況でしょう。
棚の広さ的には植えすぎのキウイ棚は繁茂して暗いです。
1kiniku170602_001.jpg




香緑が一番遅い開花で、雄花も開花最盛期です。
マルハナバチはよく見かけますが
今日は「クマバチ(キムネクマバチ)」が訪花していました。
1kumabati170602_017.jpg 
羽音は凄い勢いを感じ、花粉が舞い散ります。



早生種の紅芯系キウイの幼果は
やや膨らんできた感じです。
そろそろフルメット処理の時期となります。
1kou_kou170602_005.jpg
紅芯系の隙間で「香緑」が開花中です。



今年の」紅美人」は例年になく上玉になりそうです。
1kurenai170602_007.jpg




昨年は害虫被害が激しかった栗の「ぽろたん」もただ今開花中!!
徹底した害虫対策を実施の予定です。
1polotan170602_014.jpg

緑も大分濃くなり初夏を感じます。
もう直ぐ梅雨入り宣言も聞こえてくるかも知れません

::





スポンサーサイト
2017-04-05 17:59 | カテゴリ:下の畑1
お天気の良いのは今日までで、
今後1週間は曇りや雨予報です。

農薬散布が遅れていた下の畑1に朝一番で出かけました。
雑草も伸び出してきた畑ですが、殺菌剤と殺虫剤散布で一先ず安心です。

そんな畑1では各果樹の開花や芽動きが見られました。
地味ですがこの時期の芽動きが好きな「カリン」です。
1karin170405_002.jpg




柿の枝先を見ますと芽動きが始まっていました。
1kaki170405_013.jpg




昨年は鳥害で全滅だった垣根仕立てブドウ。
今年は防獣ネットで進入禁止の予定です。
1budou170405_022.jpg




日本アンズの「山形3号」も開花中でした。
1yamagata170405_007.jpg




この畑には桃類も沢山ありますが、
縮伐して性で花数は少なめです。
1yumeasama170405_009.jpg




桜桃も20本ほど栽培していますが、
管理不十分で開花後は放置状態です。

不織布ポット植えの桜桃ジョイント栽培や
5年生前後の桜桃樹も並んでいます。
1outou170405_018.jpg




月山錦も大・小5本ほど何とか生き残っています。
1gassan170405_019.jpg
一応、最低限の農薬散布が終了しました。



家に戻ってから、
上の畑内の様子見です。

そろそろ世代交代時期になった「山吹大玉あかつき」です。
1akatuki170405_031.jpg




「なつっこ」も世代交代苗を下の畑2で栽培中です。
1natukko170405_034.jpg




黄色いプルーンの「フロリナ」も開花中です。
1frolina170405_025.jpg




全てお任せ受粉で結実も良好なのがありがたい品種です。
1frolina170405_028.jpg




スモモの「いくみ」も開花中です。
いくみの株元付近には受粉樹として「ビックオザーク」を接いであります。
1ikumi170405_030.jpg

家の隣の畑にあるソメイヨシノは、
昨日までは全く開花が見られませんでしたが、
今日の陽気で急に開花が始まっていました。

::
2017-03-25 16:55 | カテゴリ:下の畑1
久しぶりに下の畑1に行ってみますと、
スモモの各品種が花盛りでした。

桃の蕾も大分膨らんでいまして、
杏の「紅浅間」も咲いていましたが、
「山形3号」はまだ蕾がやや膨らんだ感じでした。

「アルプス王子」の花数も今年は増えた感じです。
1APouji170325_015.jpg




畑に着いたときスモモの花にマルハナバチの訪花が見られました。
1APouji170325_016.jpg
特に人工授粉はしませんので、
訪花昆虫を見かけますとホッとします。



スモモの「月光」には
「ハリウッド」を高接ぎしてありますが、
同時期の開花になっています。
1gekkou170325_006.jpg





1gekkou170325_007.jpg




「貴陽」には「コチェコ」などの異品種を3,4品種高接ぎしています。
1kiyou170325_022.jpg



「大石中生」はまだ開花していませんが、
高接ぎの「マルガリータ」や「ハリウッド」が咲いていました。
1oisinaka170325_012.jpg




「スイートかれん」に高接ぎした「コチェコ」に蕾が確認出来ました。
1SWkaren170325_003.jpg
この畑にはコチェコの親木が有りますが
植え付け後1年では花芽は着いていません。



相変わらず多花性の「トパーズ」です。
1topars170325_018.jpg




昨年、小苗なのに生らせ過ぎだった「恋花火」は
やや少なめの開花です。
1koihanabi170325.jpg




桃類の蕾が大分膨らんできました。
「蟠桃」の蕾です。
1bantou170325_025.jpg




小苗の「大寿蜜桃」です。
1daijyumitutou170325_027.jpg




結実性の悪い杏「紅浅間」は
伐採候補の一つです。
1beniasama170325_009.jpg





1beniasama170325_010.jpg




桜桃台木の「ダーレン」台元木で開花していました。
折角咲くのなら中国実桜程度の結実を期待したいところです。
1daren170325_029.jpg

この畑の柿の木を見ますと、
芽動きが始まっていました。

やがて、プルーン類の芽動きが始まる物と思います。

::



2017-02-25 17:53 | カテゴリ:下の畑1
このところ畑2の耕耘機が不調で、
挿し木圃場の準備が出来ずに悶々としています。

オンボロ農機具ですので、故障が多くて何度も修理で、
大分、メカに強くなってきました。(^_^;)

今日も午前中は、畑2で耕耘機のメンテナンスでして、
明日頃には始動させたいところです。


午後から、久しぶりに畑1に出かけてみました。
なんと、この畑の「露茜」はほぼ満開状態でした。
毎年、ここの露茜は早咲き傾向でしたが、
下の畑2の露茜はまだ1輪も開いていません。
1tuyuakane170225_005.jpg




今年はやや縮伐して下枝も整理しています。

やや花数の減少傾向ですが、
生らせ過ぎにするより良いかもしれません。
1tuyuakane170225_006.jpg




同じ畑の「南高」もほぼ満開でしょうか。
1nankou170225.jpg




「みのり」うめは8分咲きですが、
高接ぎの「豊後」はまだ蕾でした。
1minori170225_001.jpg




「金紅梅」は晩生で1,2輪の開花でした。
1kinkoubai170225_002.jpg




淡いピンクの花です。
1kinkoubai170225_003.jpg
この畑1も大分春めいてきました。




上の畑内では「鶯宿」の花が終盤となっています。
実梅ですが八重咲きです。
1ousyuku170225_009.jpg




ポット植えの「豊後」がチラホラと開花していました。
1bungo170225_011.jpg

梅が終わるといよいよスモモ類の開花が始まります。
今年の出来は如何に・・?

::


2016-05-06 15:37 | カテゴリ:下の畑1
午後から降雨の予報でしたので、
今日の午前中は下の畑1で梨の摘果やブドウの誘因など・・。

キウイ棚では先日の強風で新梢の枝折れが多数見られました。
現在は黄肉系の開花が始まったところです。

今年のリンゴは不作年の様でして、
結実果を探さないと見つからない状況です。

昨年、生りっぱなしで収穫もしなかったツケが回ってきたようです。
1ringo160506_004.jpg

反省点として:
生りすぎても袋掛けや収穫が面倒なので、
徹底した摘果で少量収穫が・・良さそうです。


木の中を探す位が丁度良い結実数かも知れません。
1ringo160506.jpg




序でに和梨の摘果をしてきました。
1nikkori160506_008.jpg




8月下旬頃の収穫となる極早生梨です。
1aikansui160506_013.jpg




スモモの「恋花火」ですが、
これは流石に摘果した方が良さそうです。
1koihanabi160506_010.jpg




この位が適量の実付きでしょうね。
1newhaney160506_015.jpg




「マルメロ」の幼果が着いていました。
1marumero160506_019.jpg

この畑には桃の木が10品種ほどありますが、
結実過多状態で摘果する意欲も失せています。

桃栽培も更に縮小の方向で考える必要がありそうです。

::




にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村