FC2ブログ
2020-06-30 08:36 | カテゴリ:下の畑1
下の畑1ではブルーベリーの「スパルタン」が良い感じで色ついていました。
ところが先日、畑に行きますと色ついている筈のスパルタンが1粒も見えません。

この畑では桃の日川白鳳がハクビシンに食い荒らされていましたので
BBもこのハクビシンの仕業かと思っていました。
それにしても色ついたBBが1粒もありません。

今日は果樹の様子見と伸びた梨などの新梢を剪定していました。
洋梨の伸長枝を切っていたところ、突然剪定ばさみの向こうから鳥が飛び出しました。
何と、樹幹に鳥の巣が・・。
それもまさしく卵が割れて羽化したての雛です。

BBの食害はこの親鳥です。
1gabityou090913.jpg
何とも色鮮やかな卵です。
2羽ほどの雛と割れた卵からヒナのくちばしが見えました。

ガビチョウは庭先のサクランボやBBに良く来ています。
奇麗な声でさえずるのは良いですが、れっきとした害鳥です。

さてこの畑ではハクビシンの侵入が春先の行事みたいなものでして、
日川白鳳が半分ほどやられまして、防獣ネットを被せました。
1hikawahakuhou200629_019.jpg


僅かに残ったおこぼれを頂戴します。
1hikawahakuhou200629_018.jpg


他の桃類にも防獣ネットを被せておきました。
1momo200629_004.jpg


今年のリンゴは実付きが良いです。
基本的に農薬散布で袋掛けは行いません。
1ringo200629_013.jpg


「ぐんま名月」にブラムリーやルビースイートなどを高接ぎしています。
1ringo200629_014.jpg


「インドリンゴ」も同様の管理です。
1indoringo200629_023.jpg


スモモの「恋花火」は豊産性です。
スモモジュースの素材にする予定です。
1koihanabi200629_005.jpg


良い実付きです。
1koihanabi200629_008.jpg


キウイも順調です。
黄肉系は5種類が生っています。
1kiui200629_030.jpg


株元まで辿りませんと正確な品種名は・・。
1kiui200629_036.jpg


紅芯系キウイは4種類が生っています。
1kousin200629_038.jpg



1kousin200629_044.jpg

緑果の「香緑」です。
1kouryoku200629_032.jpg 


黄肉の東京ゴールドも豊産性です。
1tokyouG200629_028.jpg


サルなしも良くついています。
1sarunasi200629_041.jpg


下の畑2の桃で、ハクビシンの食害発生で収穫しました。
今年も初桃です。
意外と美味しい桃です。
1kouki200629_049.jpg
花嫁が枯れたので一番手はこの「昂紀」にお任せです。

::


スポンサーサイト



2020-02-29 16:01 | カテゴリ:下の畑1
久しぶりに下の畑1の様子見に出かけました。
畑に入る前からスモモのハリウッドが、
あちらこちらで咲き出しているのが目につきました。

遅い梅の「豊後」や「金紅梅」には、
日本蜜蜂が訪花していました。

今朝の冷え込みで気温は上昇傾向に転ずるらしいので、
今後の開花や芽動きは盛んになりそうな・・。

午後からは、春野菜の種蒔きをポットでやりました。
キャベツ・ブロッコリー・トマトなど・・。

受粉用樹の「ハリウッド」は、
各種スモモに高接ぎしているので、畑のあちらこちらで開花しています。
1hariwood200229_016.jpg


「スイートカレン」も可憐な花を咲かせていました。
1SWkaren200229_011.jpg


月光の蕾はまだ固そうです。
1gekkou200229_018.jpg


「トパーズ」の蕾はだいぶ膨らんでいます。
1topars200229_014.jpg


ブルーベリーの「スパルタン」は赤い蕾が目立ちます。
1spartan200229_026.jpg 


カリンの芽動きが始まっていました。
1karin200229_037.jpg


晩成種梅の「豊後」が開花中。
1bungo200229_034.jpg


「金紅梅」は高田梅様に植えていましたが、
高田梅は枯れました。
1kinkoubai200229_032.jpg


家の南側で、茶畑の名残の防霜扇に
珍しいことに「ノスリ」が休んでいました。
1nosuri200225_002.jpg


河津桜の花から蜜を舐めるメジロはよく見ますが、
ブルーベリーの下垂した花に器用に舌を入れて蜜を舐めていました。
1BBmejiro200229_040.jpg

河津桜も散り始めました。
これから開花が続くブルーベリーの受粉にメジロが貢献しますでしょうか。

::


2019-08-04 20:53 | カテゴリ:下の畑1
梅雨明けは嬉しいですが酷暑続きで、
野良作業も捗りません。

各種桃やスモモを収穫していますが、
ブログ更新も暑さで気力を奪われています。(^_^;)

今日も陽差しは強烈で、パンツまでグッショリです。
下の畑1のスモモの最終果を収穫しました。

防虫ネット製巾着袋を被せていましたので、
綺麗なすももを収穫できました。

赤く色着いても固いスモモです。
1koihanabi190804_011.jpg


収穫後、追熟して味わいます。
1koihanabi190804_012.jpg
スモモ類はほぼ終了しました。

同じ畑にある「なつおとめ」も防虫ネットで保護していたので、
カナブンや鳥の被害から防御できました。
1natuotome190804_009.jpg


やや早目の色付きでしたが、
食味はまずまずでした。
1natuotome190804_007.jpg


この畑のキウイ棚も賑やかです。
1kiui190804_029.jpg


紅芯系キウイも良い感じに肥大中です。
1kiui190804_017.jpg


大玉系の「ジャンボイエロー」です。
1Jeyarow190804_023.jpg


今年の「東京ゴールド」は本来の玉サイズが期待できそうです。
1toukyouG190804_022.jpg


ほとんど放任栽培のリンゴです。
「ぐんま名月」に高接ぎの「ルビースイート」に初生り果です。
1rubysweet190804_002.jpg


桃類も少なくなりましたが、
晩生種の「西王母」にネットを被せています。
1seioubo190804_005.jpg


上の畑内の多品種接ぎ梨の「ラフザス」が落ち始めたので、
残り果を収穫してみました。
1rafuzas190804_033.jpg


食感は洋梨系の柔らかさでほんのり甘みを感じる交配品種です。
1rafuzas190804_034.jpg

今年は梨類に保護袋をほとんど掛けていません。
これも長雨で時機を逸していました。

::


2019-04-05 18:29 | カテゴリ:下の畑1
今朝は2ヶ月ぶりのクリニックで検診でした。
帰宅後、下の畑1に出向きカリンやマルメロの蕾や開花状況を観察してきました。

この畑にはカリンの親木とマルメロの親木があり、
4年前に頂いたカリンの実生苗を台木にして、
カリンやマルメロの接ぎ木苗を作っていました。

その接ぎ木苗に初めて花芽が着いて、開花した蕾も確認出来ました。
実生台木に同じ実生~穂木を採って接ぎ木しました。
4年目で開花です。
1misyoukarin190405_005.jpg




カリン実生台木に接いだ「マルメロ」です。
大きな蕾が着いていました。
1marumero190405_010.jpg




カリンの親木にはまだ蕾も見られます。
1karin190405.jpg




早く開花した花は結実した様子も見られました。
1karin190405_001.jpg




マルメロの親木には沢山の蕾が確認出来ます。
1marumero190405_016.jpg
拡大しますと蕾が見られます。



良い感じの蕾で、これから開花が始まります。
1marumero190405_020.jpg




同じ畑のキウイ棚では、
遅霜の被害が出ていました。
1kiuisimogare190405_029.jpg




早咲きの紅芯系には既に蕾が出ていますが、
もう遅霜が降りないことを願いたいところです。
1kousin190405_031.jpg




プルーンの開花が始まっています。
1PI190405_002.jpg




受粉樹の「スタンレー」も開花が始まっていました。
1stanray190405_003.jpg




下の畑1からの帰宅は徒歩でして、
ふと道路越しに日本蜜蜂師匠の裏庭に目をやりますと、
師匠と弟さんが虫取り網に延長棒を括り付けている様子が見えました。

駆け寄ってみますと、野桜の木に分蜂群が固まっていました。

小さな群ですが虫取り網で3,4回蜜蜂を掬い取り、
巣箱に移動させました。
1bunpou190405_033.jpg
分蜂時期にはまだ早いのに珍しい分蜂群の出現でした。
1週間位この巣箱に居座れば捕獲成功ですが・・・。

しばらくは、様子見とのこと。

::



2019-01-14 16:22 | カテゴリ:下の畑1
午前中に下の畑2の接ぎ木圃場から昨年の居接ぎ苗を掘り起こし、
午後から下の畑1の桜桃樹を撤退した場所へ植え付け作業です。

桜桃は下の畑2のジョイント桜桃と
庭先の「サクランボ置き場」に絞り込みます。

下の畑1には既に撤退した桜桃樹の空き地に柿の木を植え付けていましたが、
今日は他の場所に梅や杏苗を移植しました。

以前ここには「ジャンボ高田」梅があり、
横には受粉相性の良い「金紅梅」を植え付けていました。
しかし、ジャンボ高田が枯れたので小苗を植え付けました。1Jtakada190114_001.jpg




残った「金紅梅」には蕾が確認できます。
1kinkoubai190114_006.jpg




同じ畑の「南高」梅の蕾が膨らんできました。
1nankou190114_004.jpg




同じく梅の「みのり」の蕾も膨らんでいます。
1minori190114_005.jpg




新苗の植え付けでは、
杏を増やしました。
1kantarou190114.jpg




こちらも杏の新苗です。
1bian190114_008.jpg




冬枯れの畑では春を待つリンゴ「ぐんま名月」です。
この木には5,6品種を高接ぎしています。
1ringo190114_010.jpg




撤退した桜桃樹は枯らして掘り起こしますが、
1本だけ根張りが良すぎてまだ倒せていません。
1hatake190114_011.jpg

撤退したとはいえこの畑にはまだ5本の桜桃樹が残っています。
花は咲けでも結実不良です。

まあ、放任栽培では仕方ないところです。

::




にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村