2016-04-09 18:33 | カテゴリ:果樹台木
庭先に2、3m程度離れたところに
酸果桜桃の「モンモレンシー」があります。

1本はコルト台に居接ぎで、もう1本は暖地桜桃台です。
「暖地桜桃台」のモンモレンシーは3日ほど前から開花し出しています。
1monmo160409.jpg




一気に開花とは行きませんが、
日々開花数は増しています。
1monmo160409_001.jpg




一方、コルト台の「モンモレンシー」はまだ開花無しです。
1monmo160409_004.jpg




暖地桜桃台から4、5日遅れで開花しそうです。
1monmo160409_006.jpg
台木の違いで同じ品種でも開花時期が異なる状況です。

暖地桜桃(中国実桜)は既に結実している極早生桜桃樹です。
この早生系統は台木利用で居接ぎした穂木の開花時期を早める・・
可能性が窺われます。


上の畑内では、
ニコニコットの保存花粉で授粉した「ハーコット」に結実兆候が・・。
授粉のため葯を刈り取った「ニコニコット」自体でも結実です。
1harcot160409_014.jpg
ニコニコットと同時期に発売の「おひさまコット」は極晩生でして、
今頃開花し出しています。

余りお薦めできない品種です。

同じ畑内の多品種接ぎ梨では、
日本梨が先行して開花中です。

品種は違っても花の外見はほとんど同じですね。
1nasi160409_008.jpg




授粉はお任せでやっています。
1nasi160409_009.jpg




直ぐ隣ではリンゴの開花が始まっています。
こちらもお任せ授粉です。
1orin160409_012.jpg




昔懐かしい、王林などの改良品種に使われた
「ゴールデンデリシャス」です。
1Gdeli160409_013.jpg

店頭ではほとんど見かけない品種は
自家産に限ります。

::

スポンサーサイト
2016-02-27 16:53 | カテゴリ:果樹台木
昨年のブログを辿ってみますと
2月15日に果樹台木の挿し木をやっていました。

10日以上出遅れましたが、
急遽HCで赤玉土などを購入してきて
10号ポットで10個ほど挿し木を行いました。

今年もメインは桜桃用の台木です。
保存してあった各種の穂木に異常は認められず
良い状態での挿し木が出来ました。

桜桃の台木各種を挿し木したポットです。
1outoudai160227_009.jpg




今年もこの準備が重要でして、
チェリーポット用台木として「青葉台」の確保です。
1aoba160227.jpg
残った青葉の穂木は、
畑2の空き地に直挿しで挿し木しておきます。



桜桃の台木では欠かせないコルト台ですが、
本数は少なめです。
残りの穂木は畑に直挿しします。
1cort160227_003.jpg




他の台木も少々。
1dairen160227_001.jpg




ダーレン台の芽動きは早くて、
既に葉芽が伸び出していました。
1dairen160227_002.jpg




桜桃以外の果樹用台木も確保します。
梨類(和梨・洋梨)の台木として安定的な「マメナシ台」です。
1mamenasi160227_007.jpg




昨年も数本確保していました「カラタチ台」です。
今年はやや多めに確保したいところです。
1karatati160227_004.jpg




取りあえず、さくらんぼ置き場の隙間に置きました。
1sasiki160227_008.jpg

例年であれば、リンゴ台やスモモ台なども挿し木していますが、
昨年導入した「富士野生桃」や「ひだ国府紅しだれ桃」台は
まだ穂木が採れませんので来年以降になります。

::

2013-11-30 17:20 | カテゴリ:果樹台木
予報通りの穏やかな日でしたが、
朝の冷え込みは昨日と同じで下の畑2に行きますと、
白く霜が降りていました。

土は十分湿っていましたので灌水も無く植え付けられました。
桜桃用台木の3種はほぼ10本強と言った数でした。

南から北に向けて2列で植え付けました。
最初に「暖地桜桃台」の植え付けです。
1danti1130c1.jpg



次が「青葉台」です。
1aoba1130c1.jpg



続いて「コルト台」で桜桃台木は植え付け終了です。
1cort1130c1.jpg



スモモ台は、昨年の梨居接ぎ苗の西側に植え付けました。
十数本になりました。
1sumomo1130c1.jpg



確か、「貴陽」の挿し木だったと思います。  
1sumomo1130c2.jpg

手始めの台木類の移植でしたが、
暫くは下の畑1で養成中の今春居接ぎ苗の移植作業が続きます。


移植作業終了後は梨の小苗を掘ったり、
スモモの穂木を採穂したりで午前中が終わりました。

::

2013-11-29 15:57 | カテゴリ:果樹台木
当地では畑で初霜が観察されました。

連日、強風が吹き荒れていますが晴天です。
午後から下の畑1に出かけて、挿し木圃場の台木類を一部、掘り上げました。

移植先は下の畑2の空き地を予定しています。
明日は風も治まる予報ですので、早朝から植え付けに出向きます。

取り敢えず今日は、桜桃関連台木が主体で、スモモを少し掘り上げます。
1sumoc1112901.jpg
スモモ台を掘り上げだしてからの撮影で、このブロックのスモモ台は
数本残るのみです。



青葉台も2ブロックほど挿してあり、
1ブロック分を掘り上げます。
1aoba1129c1.jpg
株元が直径2cmほどの太い台木も混じります。



今年のコルトは少なめですが、それでも2ブロック挿しています。
1cort1129c1.jpg
コルトの葉は沢山残っています。



青葉台に近い成長振りの「暖地桜桃台」です。
1danti1129c1.jpg




数少ない「ダーレン台」の挿し木苗からは、
来春に挿し穂を採取しますので当分このまま残します。
1daren1129c1.jpg




明日、移植する分の堀上げ台木類です。
1horiage1129c1.jpg
両手で抱えて持ち帰りました。



今朝の降霜で黒く霜枯れ出したキウイの葉です。
近々、上の畑とこのキウイ棚の残り果を全収穫予定です。
1kiui1129c1.jpg




下の畑1には今春の桃居接ぎ苗が点在しています。
比較的大きめのこの2本を上の畑内に移植します。
1momo1129c1.jpg




帰宅後、早速植え付けました。
ここには鉢植え桃が5本有りましたが、
全て処分していました。

今度は露地植えで2本に限定です。
1abukuma1129c1.jpg




露地植えでも大きくすることは叶いませんので、
コンパクト樹形の典型例になるでしょう。
1tousui1129c1.jpg

これ以外の桃の小苗はどうしたものかと・・。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村