2017-03-20 17:22 | カテゴリ:周辺環境
桜桃のジョイント栽培を始めてから、
畑2の南東に鎮座している「欅」の大木が
春から夏の陽差しを遮る事が気になっていました。

お隣さんは80以上の高齢者故、助っ人として頼むことも出来ず
兄と共に午前9時から伐採作業に挑みました。

伐採前に欅を南から見納めです。
1DC170312.jpg
脚立をハシゴにして
届いて場所が、足場になり、
身体をロープで固定してチェーンソー作業です。




緑線の部分がチェーソーで枝落としした部分です。
1DC170312_001.jpg




太枝伐採には、
切断部分より上部にロープを掛けて、
下で兄が枝を落としたい方向に引っ張って貰いました。
1DC170312_003.jpg




伐採作業は午後3時頃に完了し、
枝整理で1時間を費やしました。
1DC170320_001.jpg




欅の太枝では直系30センチ程有り
生木故に重量は半端なく重い木でした。
1DC170320_005.jpg
兄のところでは暮れに餅つきをしますが、
その時のたきつけよう木材が10年以上分確保できそうです。



矢印の先に伐採枝の一時保管場所です。
1DC170320_007.jpg

いやぁ!疲れましたが、スッキリしました。
今夜はグッスリ、バタンキューでしょう。

::

スポンサーサイト
2015-06-13 21:58 | カテゴリ:周辺環境
先週の土曜日、下の畑2で野良作業していましたら、
兄が購入した隣接地の地主さんだった方が、
盛り土する前に葛の蔓を除去にやって来ました。

今日は朝から、ダンプが畑土を運んでいます。
昼過ぎに畑2に行ってみますと、
既に10台分程度の盛り土が運ばれていました。
1morituti150613.jpg
元地主さんの話では、
元々は田んぼだった所の土と言うことですが、
黒ボクに近い土質です。

果樹には問題なく使えそうで、
整地後、直ぐに利用できそうです。



畑2プラスの北西端です。
ここから南側に広がっていきます。
1morituti150613_003.jpg




西側から左に畑2との位置関係を眺めています。
1morituti150613_007.jpg




畑2を背に、南方向を見ています。
1morituti150613_004.jpg




畑2プラスの南端から北方向(畑2)を眺めています。
画像下部に白線が見えますが、
ココまで盛り土予定です。
1morituti150613_010.jpg
盛り土作業は連日続くのか不明ですが、
進捗程度を見ていますと、
それほど長い期間では無いだろうと・・期待しています。



Google mapで各畑の位置関係です。
日本みつばちの養蜂家さん宅と私の家(上の畑)は近いです。

分蜂群を捕獲した時には1群頂ける約束なんですが、
今春は2回ほど分蜂したらしいですが、
留守中で捕獲に失敗したようです。

畑2とプラスには日本みつばち巣箱を置きたいところです。
1morituti150613_a.jpg

新規の畑プラスには、
柑橘類も仲間入りするかも知れません。

樹間を広めで普通栽培に拘りたい畑です。


::

2015-02-14 14:54 | カテゴリ:周辺環境
2月13日のことでした。

思いがけないFacebookつながりから友達となった
富士市議会議員の小野ゆみこさんの
「見事なかぐや姫が現れましたね!」の近況アップで
初めて知った富士山のかぐや姫です。

今朝方、自宅の庭先から眺めてみますと、
なるほど・・納得の”かぐや姫”です。
1F_fujisan0214_0c1.jpg

初めて知った方で、この画像から見つけられましたら
凄いです。

会社勤務時代の若い頃はサッカーや山岳部で、
青春を謳歌していました。

山肌に現れる雪と岩の模様から、
北アルプスでは白馬岳の代掻き馬の雪形。

南アルプスでは、
鳥の姿の雪形が見られる頃に農作業準備に入ると言われた
農鳥岳などは何度も登山していました。

そんな雪形が富士山でも見られるようです。


富士市の
かぐや姫は月ではなく富士山に帰った・・というかぐや姫伝説です。

私の家から南に10分ほど徒歩で下りますと
竹取塚公園があります。

竹林と塚が残っています。
1D_kaguyahimec2.jpg
この地図に知名として記載されている「比奈」ですが、
古くは「姫名郷」と称された比奈地区で、
姫がヒナに変化したとも聞きます。
かぐや姫伝説発祥の地と伝えられ由縁でしょうか。



さてさて、
普段は使わない50倍ズームのデジカメを取り出しまして、
若干分かりやすい画像を・・。
1M_0214c3.jpg
このくらいのアップがちょうど良いかもしれません。



ショボイ三脚を取り出して、
50倍までアップしてみました。
1M_0214_0c4.jpg
かぐや姫の頭から左横にはウサギの顔のように見えたりして・・。

農兎山・・かもですね。

いやいや、普段気にもしていない近隣の史跡や名所ですが、
意外とありますね。

今回は小野議員さんのおかげで勉強させて頂きました。

::

2014-09-16 15:14 | カテゴリ:周辺環境
今日は下の畑2で垣根仕立て梨に残る晩生梨の鳥害防御で、
イチジクに掛けてあったネットを外して晩生梨に掛けてきました。

たまたま、実家の畑でサツマイモや里芋を作っている
従兄弟が立ち寄ってくれました。

”おまえもよくやるねぇ~”と呆れていました。

何時もと違うアングルから・・。
お隣の傾斜地から撮影しています。
1hatake20916c1.jpg




少なくなった空き地を利用して、今春挿し木した桜桃台木類を仮植えしています。
昨年の居接ぎや今春の居接ぎ苗で鬱蒼とした桜桃樹類です。
1hatake20916c2.jpg




さて、そんな手狭になった下の畑2ですが先日兄貴から、
隣り合った荒れ地の所有者から土地を買ってくれないかと話があったとのことで、
買い取ろうかと・・。

平面写真ではその位置関係や広さは分かり難いですが、
緑線右側が現在の畑2の敷地境線です。
水色が兄が購入予定地です。
1hatake30916c1.jpg
ほとんど手付かずで、草が茂っていましたが勝手に除草剤を散布して、
車の通り道を確保していました。
実際には、画像左端の草で隠れた部分に車一台分の農道が確保されていますが、
直進の方が手っ取り早くて、利用していました。

荒れ地は葛の蔓が蔓延っているので、
兄は草刈り後の買い取りで話を進めているようです。

先日、2,3人が刈り払い機で草刈りを始めていましたが、
まだまだたっぷりと残っています。
1hatake30916c2.jpg
聞いたところでは1反くらいの広さのようですが、
もっと広い感じです。


公道から北向きに撮影しています。
1hatake30916c3.jpg


最近は、ネット上で便利な地図を各種利用出来ます。
その一つに、標高が分かる地図があります。

比較的最近の航空写真で下の畑2も写っていました(白字は標高)。
自宅から、下の畑1・畑2と新たに増えるか?
畑3候補地の位置関係が分かります。
1hyoukou_tizu2c2.jpg
従兄弟は画像下に写っている実家の畑で野菜を作っています。
実家の畑で標高70mの傾斜地には兄が柑橘系を栽培しています。



生前の親父は畑2でお茶などを作っていましたが、
その頃の畑は北側にある畑と同じ標高で、
畑2は3mほど盛り土しています。
1hyoukou_tizuc1.jpg
まだ確定した話ではないので、捕タヌ話です。

もし、ココに植栽出来たら・・、
ココだけはノビノビ植え付けでやってみようかと・・。

::


2013-02-24 17:38 | カテゴリ:周辺環境
隣の畑にある河津桜が今年も開花しだしたようです。
伊豆・河津町の桜まつりは
2013
年2月5日(火)~3月10日(日)ですが、
2月24日現在・・・
”原木は4~5分咲き、河津川沿いの桜は2分咲きとなり、
3分咲き~4分咲きの桜も出てきました。
”様です。

隣の河津桜は開花始めです。
kawazu0224c2.jpg



開花した枝に迫ってみました。
kawazu0224c3.jpg



今年の河津町では開花が1週間ほど遅れているようです。
先日のローカルTVニュースでは、
開花促進にCX-10を試験的に散布して、
早い開花を確認していました。


このピンクの花を見ますと春を感じます。
kawazu0224c1.jpg



庭先では連日の降霜にもメゲず
オキザリスが盛んに開花しています。
okizarisu0224c1.jpg



一見か弱そうな花ですが、
零下も全く影響なしで咲き続けています。
okizarisu0224c2.jpg


今日も冷たい北風が強めに吹いています。

裏庭にある小型ビニールハウスのビニールシートを新調し、
野菜の種をセルトレイやポットに蒔き、
保温効果を狙ってみました。


・・




にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村