2015-12-16 16:12 | カテゴリ:落葉果樹
中国地方在住の「ミントさん」から嬉しいプレゼントが届きました。
チョット早いクリスマスプレゼントです。

メール連絡では詰め込みましたので、
早目の荷解きを・・・とのことでした。

確かに梱包ダーボール箱ははち切れそうで一部が破れていました。(^_^;)

先ずは、ミントさんが養成していたブドウ苗4本です。
栽培場所の関係から、
現有のブドウ棚に高接ぎ完了した品種を頂きました。
1budou151216_007.jpg
丹精込めて養成していた苗だけ有って、根鉢は1年生の棒苗とは段違いです。



この大きさの根鉢ですと、直接畑に植栽したいところですが、
畑の準備が・・。
1budou151216_004.jpg
畑2に仮植えで凌ごうかと・・。



桜桃栽培に取り組もうかと一念発起して購入された苗も、
家人の意見を尊重されて撤退の決意を固めたミントさんでした。
手持ちに無い品種を送って頂きました。
1outou151216.jpg




2年養成苗でしょうか。
根鉢はしっかりしています。
1outou151216_001.jpg




おまけまで入っていました。

以前から気になっていたビワの品種です。
九州地方での栽培が多いらしいです。
ご自身も2本程植え付けたので、残った1本・・とのことですが、
わざわざ用意して下さった感じの市販ポット苗です。
1biwa151216_009.jpg
大変申し訳なくも有り難いことです。




明日以降、ポット上げや畑に仮植えなど、
思案のしどころです。

取りあえずは、長旅後の水揚げ中です。
1mizuage151216_013.jpg

ミント様。
この度は過分なプレゼント苗をありがとうございました。

いずれ、これらの苗の晴れ姿がブログに登場することもあろうかと思います。
大事に育てていきたいと思っています。

::


スポンサーサイト
2015-12-05 17:11 | カテゴリ:落葉果樹
2015-12-04 17:16 | カテゴリ:落葉果樹
2014-04-27 18:05 | カテゴリ:落葉果樹
日本一の果実さんのブログでキウイが開花し出した記事を拝見。

上の畑内ではまだ開花していませんでしたが、
下の畑1の「早雄」が咲きだしていました。
1souyu0427c1.jpg
雄花が先行して咲いてくれるのは有り難い事です。



紅芯系の雌木の蕾を見ますと、開花直前と言った感じです。
1,2日前後で開花が始まりそうです。
1kouhi0427c1.jpg




「レインボーレッド」もほぼ同期して動いていますね。
1rainbow0427c1.jpg




「紅美人」はやや遅れ気味ながら、問題ないでしょう。
1kurenai0427c1.jpg
3カ所のキウイ棚での授粉作業は忙しくなりそうです。


下の畑1ではほぼ放任栽培の桜桃樹が十数本ありますが、
授粉作業に手が回っていません。

気休め程度に梵天で撫でていますが、
時々、授粉する事もあります。
庭先にない品種の「紅てまり」に結実の兆候が見られます。
1benitemari0427c1.jpg




この「幸福錦」もチラホラと幼果が・・。
1koufukunisiki0427c1.jpg

下の畑1には黄色系の「月山錦」と「黄色いさくらんぼ」があり、
この2品種は人工授粉に通いましたが成果は無しのようです。

授粉環境が良くない梨類でしたが、こちらは意外と良い結実です。

一本、垣根仕立ての「N梨」も良い結実です。
1nikkori0427c1.jpg




洋ナシ品種に高接ぎの「延寿」も良い結実です。
1enju0427c1.jpg




同じく高接ぎの「愛甘水」の結実です。
1aikansui0427c1.jpg




洋ナシ本体ではこの「カルフォルニア」だけが結実良好です。
1carfor0427c1.jpg




洋ナシ系の高接ぎ枝「月味」ツキミは結実しやすいようです。
1tukimi0427c1.jpg




下の畑1の柿の古木、「次郎」の枝に今年の花芽が見て取れます。
1jiro0427c1.jpg




今年も程良い実付きのカリンとなりました。
幼果が肥大してきました。
1karin0427c1.jpg

現在、畑内ではリンゴが満開です。
蜜蜂はいませんが小型の甲殻類が花によってきています。

::







2013-12-28 18:45 | カテゴリ:落葉果樹
先日まで少しずつ採取していたイチジクの穂木を、
ビニール袋に梱包して、上の畑内の土中に保存しました。

自前のキウイ棚の剪定は全て完了していましたが、
お隣さんの棚はまだ手付かずでした。
庭先に居ましたら、お隣さんが見えたので、
まだ葉の残るキウイ4本を整枝・剪定しました。

初めての剪定作業では、さすがの手が出ない様子で、
結局私が全て剪定してあげました。

庭先散策しながら、果樹の花芽を確認してみました。

お昼頃の富士山は強い西風です。
1fuji1228c1.jpg



古株の鉢植え「山吹大玉あかつき」は、
近年、樹勢の衰えが隠せません。
1akatuki1228c1.jpg



多品種高接ぎの梨も今年より多品種の結実を狙いたいところです。

高接ぎ枝の「八達」の花芽は来春も結実しそうに見えます。
1hattatu1228c1.jpg



花芽着きの良い中国梨の「ツーリー」ですが、
味は今一な梨でした。
1tury1228c1.jpg



授粉樹代表の「豊水」は、
実も侮れません。
1hosui1228c1.jpg



上の畑内のリンゴ類も衰退の一途ですが、
残ったリンゴ樹には頑張って欲しいところです。
1tugaru1228c1.jpg



この黄色いプルーンは登録品種ではないようです。
マイナーすぎて価値がないのでしょうか。
1frorina1228c1.jpg



杏類の花芽もよく見えます。
結実の良い「平和」です。
1heiwa1228c1.jpg



スモモ類の花芽は小さいですが、
この「ソルダム」は大きめの花芽です。
1soldum1228c1.jpg



中国実桜の「はるか」にも長細い花芽が控えめに着いています。
1haruka1228c1.jpg



ある意味、もの悲しさを醸し出すような花芽の「ユスラウメ」です。
1yusura1228c1.jpg



春一番の開花の梅類。
開花前の石灰硫黄合剤散布が年明けの一仕事です。
1ryukyou1228c1.jpg

落葉果樹はこの時期の花芽観察が楽しみなところです。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村