2016-08-16 16:34 | カテゴリ:台風
台風7号の直撃は避けられましたが
多少の風雨はあるでしょうから、
各畑の強風対策に出かけました。

風で飛ばされそうな木箱や蜜蜂の巣箱補強や、
飛ばされそうな果実の回収などです。

下の畑2では、日本みつばちの転倒・倒壊防止に、
杭打ちや縛り付けなどの点検です。

果実では、畑の北側にあるイチジクの回収など・・。
秋果が熟していますがコガネや鳥のご馳走です。
残り果を回収してきました。
1darmaty160816_007.jpg




りんごの「スイートメロディー」は、
落果し易くて既に2個程回収しましたが今日も4個落ちていました。
1SWmerody160816_004.jpg




畑2で残る桃はこの「あぶくま」と「桃水」です。
傷み果や柔らかい実もあったので収穫しました。
1abukuma160816_001.jpg


畑1ではビニールハウスの入り口を閉めたり、
日本みつばちの巣箱の倒壊防止などを実施。

上の畑内でも日本みつばちの巣箱の転倒防止や
果実の見回りなど・・。

多品種接ぎ梨の株元に「秋麗」が袋ごと落果していました。
カタログでは9月中旬の収穫ですが、
当地では8月末から9月初旬になりそうです。
1syurei160816_009.jpg
渋味の無い美味しい梨です。

明日の午前中が風雨共にピークでしょうか。

::

スポンサーサイト
2015-05-12 13:38 | カテゴリ:台風
2012年の6月の台風では、
りんごやスモモ、桃などの結実果の大半を失いました。

5月の台風発生では記録を更新中の今年の状況です。
台風6号、直撃コースで今夜半がピークのようです。

平均23m、最大瞬間35mをもろに受けたら、
樹上に残る実は皆無でしょう。

自宅周りの対策をしたものの、
果樹の対策はやりようがありません。
午前中は時折薄日が差す、
まさしく嵐の前の静けさです。

今年の実付きは良い方のスモモ類ですが、
これが見納めになるのでしょう。
1Pinoue150512_010.jpg




今年の「ソルダム」は実付きが良いです。
1soldum150512_019.jpg




不作が続いた「いくみ」もまずまずの実付きです。
1ikumi150512_012.jpg




「バイオチェリー」は少なめの実付きでした。
1biochery150512_016.jpg




黄色いプルーンの「フロリナ」は良い感じです。
1frorina150512_009.jpg



ニコニコットの花粉が少なくて授粉作業に支障を来しました。
それでも数粒が残ったようです。
1harcot150512_021.jpg




上の畑内のリンゴは一休みの年のようです。
「アルプス乙女」だけが健在です。
1ALotome150512_015.jpg
このリンゴだけは強風に耐えるでしょう。



庭の「豊錦」や酸果桜桃の「モンモレンシー」にチョッピリ・・。
1yutaka150512_006.jpg 

強風で落下しても惜しくない量で寂しい限りの桜桃類です。
何とも迷惑な季節外れの台風です。

1週間後には第2弾がひかえています。

::

2014-10-12 16:30 | カテゴリ:台風
何ともストレスフルな台風接近で、
今週も無駄とは知りつつ一応の対策を講じました。

ブルーベリーの鉢植えは倒して並べ、
前回の台風時に棚から落ちていたので強風対策をしました。

下の畑1ではカリンがまだ色着いていませんが、
今度の台風では落とされるかも知れません。
1karin1012c1.jpg
既に2,3個の落下も見られます。



キウイ棚の一角で実った「サルナシ」や「紫香」は、
外皮にシワが出来て柔らかくなっています。
1sarunasi1012c1.jpg
甘さも乗っていました。



黄肉キウイの「MG-06」にも樹上でシワ果が見られます。
採り立てでも美味しいキウイです。
1mg1012c1.jpg




上の畑内では鉢植えリンゴの「アルプス乙女」がポトポトと落ちだしています。
風に煽られたら一溜まりもないでしょうから、
「北紅」や「シナノゴールド」と共に収穫しました。
1ringo1012c1.jpg




家の南側の畑で野菜を作っているご夫婦がお孫さんを連れて、
野菜苗の植え付けてきていたので、
収穫し立てのリンゴをお裾分けしました。
1ringo1012c2.jpg




S.F.Takaさんから初収穫の大玉「にっこり」が届きました。
前々から一番の大玉を送りつけますと仰っていましたので、
ブログを拝見した時、我が家にもあるので遠慮したんですが、
既に発送済みでした。
1nikkori1012c1.jpg
我が家でもまだ目にしていなかった700g超えです。

流石、八雲で培った技量はダテではありませんでした。
S.F.Takaさんのお気遣いに感謝する次第です。

味見は後日の報告で・・。

::

2014-10-07 17:28 | カテゴリ:台風
早朝から下の畑2に出掛けました。
昨日の台風18号の影響は
県内で土砂崩れなど豪雨の影響が多発していました。

幸いにも自宅周辺は河川もなく崩れそうな傾斜地もありません。
強風に耐えられれば何とか成るのですが、
果樹の被害はほとんどが強風時のものです。

昨日は吹き返しが強くビックリしました。
下の畑2は外から見る限りでは、
台風の影響は無かったかに見えました。
リンゴの枝が飛ばされていますが、軽微です。

スモモの若木で支柱をしていなかった苗は、
揺さぶられて傾いていました。
1sumomo1007c1.jpg
立て直して支柱を添えて置きました。

同様な状態は桜桃若木や桜桃台木類にも見られ、
起こして根回りを踏み固めてきました。



実生のポポー苗ですが主幹が折れていました。
直径7cm程で2mくらい伸びていましたが
ポッキリ折れていました。
1popou1007c1.jpg
幹回りが虫食いだったようです。

下の畑2は風による揺さぶりが多く見られました。


帰宅後、下の畑1に行ってみましたが、
桃やスモモの葉が飛ばされて明るくなっていましたが、
果樹被害はほとんど見られませんでした。

西洋ナシに高接ぎの「延寿」が2個残っていました。
1enjyu1007c1.jpg
外見的にリンゴに似ているので「りんごなし」の別名を持つ、
中国産の洋ナシです。
貯蔵性が高く、翌年の実が収穫できる頃まで保存できるようです。



外皮がやや赤っぽくなり、確かにリンゴに似ているかも・・。
1enjyu1007c2.jpg




次郎柿を序でに収穫してきました。
1kaki1007c1.jpg
今回の台風、県東部の当地での風は海岸線に比べて弱い傾向で助かりました。

::

2014-10-06 16:11 | カテゴリ:台風
大型で強い台風と言うことで、
飛ばされそうな果樹は早めに確保しましょうと、
ホルモン剤処理時期の失敗で無残な「シャインマスカット」と
玄関先の「シナノゴールド」を収穫しました。


先週の土曜日に台風対策の一貫として、
粗末なブドウの「シャインマスカット」を収穫していました。
1syain1006c1.jpg
自苗での開花データがないままにストマイ処理が大幅に早すぎて、
今季の全てが決まってしまいました。

今年の開花日データは今後生かせるでしょう。



何となく「シャインマスカット」かも知れない程度になったでしょうか。?
1syain1006c2.jpg




一応、種無しには成っていて酸味も抜けていました。
1syain1006c3.jpg




玄関先のこのリンゴも強風にあおられて落果するだろうと・・。
1sinanoG1006c1.jpg




「あいかの香り」2個を残して、シナノゴールドは全収穫しました。
1sinanoG1006c2.jpg


その台風18号ですがまっしぐらに当地を通過していきました。
48時間の降雨量は385ミリとタップリの雨量でしたが、
幸い風は十数メートル程度で助かりました。

残り果樹の全滅も覚悟しましたが、
上の畑を見る限りではほどほどの被害で済んだようです。

ただし、下の畑1,2はまだ見ていませんです。

上の畑内の多品種接ぎ梨で落下が見られました。

中国梨の「ツーリー」、洋ナシの「ラフランス」と「にっこり」です。
1tury1006c1.jpg
回収果の5個は追熟処理します。



同じく追熟が必須の「ラフランス」も保存しました。
1lafrance1006c1.jpg




リンゴが2,3個落ちていましたが意外にも軽微な被害でした。
1younasi1006c1.jpg




多品種接ぎの一枝、「にっこり」は無袋で栽培していましたが、
この1個が飛ばされていました。
1nikkori1006c2.jpg
傷が痛々しいところです。



10月中旬以降の収穫を予定していましたが、
恐らく美味しく食べられる梨になっているでしょう。
1nikkori1006c1.jpg

19号のコースも気になるところです。
明日は、台風一過の見回りです。

::

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村