FC2ブログ
2020-02-05 14:57 | カテゴリ:
今朝は今冬3度目の降霜でした。
今季最強の寒波が来ているようで当地でも久しぶりの霜でした。

畑は真白く朝日に輝いていました。
そんな畑で、早目の柿接ぎ木作業です。
目玉穂木は大玉渋柿の「太天」と甘柿の「麗玉」です。

畑内には各種の甘・渋柿がありまして、
大きな木はないですが収穫時期には賑やかな柿が賞味できます。
一番のお気にリは「宗田早生」です。

大玉で果肉の触感も滑らかな美味しい甘柿です。
ここ2、3年は台風の強風被害で枝裂けの連続で、
痛々しい樹形です。
画像左がその樹で右は2代目の若木です。
1souda200205_014.jpg


オレンジスターも安定的な収穫株で貴重です。
右は補完苗です。
1orenjiS200205_013.jpg


富裕の枝変わりの「ジャンボ柿」も右に補完苗を確保しています。
1jyanbokaki200205_008.jpg


大玉柿で知られる「いさはや」です。
1isahaya200205_006.jpg


畑1の元木が枯れそうなのでこの「次郎」は大事にしたいところです。
1jirou200205_011.jpg


小木ながら結実が良好な「花御所」です。
1hanagosyo200205_035.jpg


今年あたりに初結実を期待したい「紅秋」です。
1kousyu200205_005.jpg


古い品種で不完全甘柿の「禅寺丸」は受粉樹に良いらしい。
1zenjimaru200205_019.jpg


昨年渋柿で収穫できたのはこの「会津身不知」だけでした。
1aizumisirazu200205_016.jpg


結実したものの最終的には落下で無収穫の「蜂屋」です。
1hatiya200205_017.jpg


今年は結実しそうな「平核無」です。
1hiratanenasi200205_020.jpg


接ぎ木はこの作業から・・。
2本の太枝は鋸で切り詰めて「宗田早生」を高接ぎしています。
1souda200205.jpg


柿実生台に今年も「宗田早生」を居接ぎしました。
1souda200205_031.jpg


大玉「太天」の居接ぎです。
大玉過ぎて干し柿には向いていないようです。
さわし柿が良いらしい。
1taiten200205_029.jpg


新品種は3本ほど居接ぎしました。
1taite_reigyo200205_032.jpg


10月中下旬頃が収穫適期で落下が少ないらしい・・。
1reigyoku200205_030.jpg


麗玉の居接ぎ3本なり!!
1reigyoku200205_033.jpg


アルコールなどで渋抜きして市場に出回るようです。
1tonehiratanenasi200205_034.jpg

昨年は甘柿を沢山賞味できました。
今年も昨年以上の豊作を願いたいところです。
渋柿も渋抜き作業の方が簡単で干柿はスルーしたいところです。

::

スポンサーサイト



2019-11-29 17:44 | カテゴリ:
昨日は冷たい雨が降り、
昼前には庭先に猿軍団(8頭ほど)が襲来しました。

柿の太秋で小さい実を残していましたが、
良く熟れた実をほおばっていきました。
老爺柿もつまみ食いしていましたが既にめぼしい果実はありません。

今朝は今冬一番の冷え込みで4℃の最低気温でした。
お隣のキウイは昨日の猿軍団に完食されたとのことでした。
後日、ご近所さんと一緒にキウイ狩りにお誘いしました。

上の畑内では漸く柿の葉が良い色になっています。
1kaki191129_004.jpg


昨日、猿のおやつになった太秋の小玉柿が1つ残っています。
1kaki191129_003.jpg


寂しくなった畑内ではビワの「大五星」が開花し出しそうです。
1biwa191129_005.jpg


この時期の開花は蜜蜂にとっては貴重な蜜源となります。
1biwa191129_007.jpg



1biwa191129_008.jpg


金柑の「ぷちまる」がチョッピリ色付きました。
1kinkan191129_010.jpg


金柑に高接ぎの「津之輝」は濃い黄色が目立ちます。
猿に採られなくて良かった。(^_^;)
1tuniki191129_012.jpg
いよいよ冬らしくなりました。
落葉も始まるでしょうか。

::




2019-11-04 14:50 | カテゴリ:
気持ちの良い晴天が続きます。
朝晩の冷え込みもそれなりに冷えてきた様子。

予報では最低気温が10℃以下の日も出てくるとのこと、
平地での紅葉ももう少しでしょう。

柿も各種が色付きを増しています。
今日は鳥取県の名産柿「花御所」を収穫いてみました。
樹高が1m前後の幼木ですが、それっぽい実を着けています。
流石に玉サイズまでは望めません。
1hanagosyo191104_003.jpg


若干早目の収穫です。
1hanagosyo191104.jpg


本場では早生種の「輝太郎」が注目のようですが、
「花御所」も晩生種として11月末頃から出回るようです。
1hanagosyo191104_001.jpg


上の畑内の「黒柿」が黒みを増しています。
1kuro191104_004.jpg


黒柿に高接ぎの「基肄城」です。
1kijyou191104_008.jpg 


同じ畑内には2本の「太秋」があり、
こちらは多品種接ぎの太秋です。
1taisyu191104_015.jpg


これが1本立ちの太秋です。
1taisyu191104_016.jpg


多品種接ぎの太秋の方が大玉です。
1taisyu191104_010.jpg


さて、盆栽用の豆柿「老爺柿」です。
実生苗で増やしています。
木が大きい分、実も大きめです。
1rouya191104_026.jpg
手持ち苗の中では樹高が1m以上の大株です。

濃い目の朱色と赤っぽい老爺柿です。
1rouya191104_025.jpg


実付き配置が良い老爺柿です。
1rouya191104_017.jpg


実生苗なので変化が面白いです。

通常面長な実を着けますが、
この老爺柿は丸みが強いです。
1rouya_maru191104_021.jpg


実の色も様々で、
赤っぽい実は珍しいと思います。
1rouya_ak191104_019.jpg
渋柿ですが、熟すと食べられまして甘いです。

::


2019-10-27 15:30 | カテゴリ:
2019-10-17 15:45 | カテゴリ:
未だに被害の全容がハッキリしない台風19号の被災地に
週末には強めの降雨予報で、警戒が必要なようです。
少しでも降雨量の少ないことを願うばかりです。

午前中は3年ぶりに心臓シンチレーションの検査を予約するために
中央病院に出かけました。

帰宅後、小雨降る中を下の畑2に出かけて、
色着いた柿類を収穫しました。

台風19号で成り枝が損傷した「宗田早生」は葉が枯れ出したので
全収穫となりました。
1soudaW191017_002.jpg


玉サイズは小さめでした。
1soudawase191017.jpg


「ジャンボ柿」は色が付ききる前に柔らかくなって
好みでは無い甘柿です。
1Jkaki191017_011.jpg


「いさはや」も同様にコリコリの完熟果は難しそうです。
1isahaya191017_009.jpg


この畑の「次郎」は若木なので
まだ小玉ですが貴重な1ほんにな
1kaki191017_014.jpg


垣根仕立て梨の「にっこり」が袋ごと落下していたので回収しました。
1nikkori191017_006.jpg

「王秋」はまだ木に残っていましたが
落ちる前に収穫です。
1ousyu191017_007.jpg


今年の「マイヤーレモン」は良く実が着いてくれました。
1Mylemon191017_005.jpg


早採りですが香りが漂います。
1Mylemon191017_003.jpg


キウイ棚下には自然落下したキウイが一杯です。
無傷のキウイを回収しました。
1kiui191017_015.jpg
リンゴの「スリムレッド」が残っていたので
キウイの追熟用に収穫してきました。


黄肉系キウイは4品種位が混在しています。
1kiniku191017_017.jpg


紅芯系キウイも3種が混入しています。
1kousin191017_016.jpg
明日からまた雨模様で野良仕事はお預けです。

::




にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村