2017-04-15 15:52 | カテゴリ:ビワ
南西風が強めに吹き付けていましたが、
ビワの最終摘果(一果残し)前の殺菌剤・殺虫剤散布して、
袋掛けを実施しました。

2品種(田中と大五星)で使った袋は約100枚でした。

農薬散布から袋掛け後のネット掛けまで約3時間の仕事でした。
1biwa170415_002.jpg




ビワの木の東側にはキウイ棚がありまして、
収穫株の芽動きは順調に推移しています。

今年、品種更新の高接ぎや居接ぎをしていますが、
3月の寒波で芽動きが遅れていました。
漸く新芽の伸びが始まったようです。
1kiui170415_009.jpg
遅い芽動きの方が遅霜被害の心配も少なくて丁度良い感じです。



桜桃のジョイント栽培。
庭先の「サクランボ置き場」では既に開花・受粉が始まっていましたが、
ジョイント桜桃の一番花が開いていました。

授粉樹用の「高陽錦」です。
1kouyounisiki170415_015.jpg




畑1では「カリン」の花が最盛期でした。
1karin170415_016.jpg




シンプルながら可憐な花梨です。
1karin170415_019.jpg

桜桃の人工授粉が2カ所と離れていますので、
時間配分しながら効率良く受粉していきたいところです。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/858-5991df20