2018-06-14 21:40 | カテゴリ:さくらんぼ
庭先のさくらんぼ置き場では、既に収穫は終盤で、
残りは「紅きらり」と「黒砂糖錦」・「サミット」となりました。

ジョイント桜桃も開花60日を経過して今度の日曜日が
収穫適期と見ました。
今年は当初結実良好を密かに喜びましたが、
肥大時期の度重なる豪雨による水分過多が実割れ果の発生となり、
傷んださくらんぼが多発で、実成は半減しました。

残り果が少ないジョイント桜桃ですが、
「さくらんぼ狩り」の決行です。

参加者は日程の都合で昨年より少ないですが、
気休め程度に盛り上げましょう・・と

さくらんぼ狩り・・前の見納めで、
画像を拾い集めました。
1Joint180614_023.jpg





1Joint180614_002.jpg





1Joint180614_003.jpg





1Joint180614_007.jpg




佐藤錦の3Lサイズは自慢できる大きさのようです。
恐らく山梨辺りのさくらんぼ園では見られないサイズだと・・。
1joint180603_005.jpg




3Lサイズの佐藤錦は結構な数が確認出来ましたが、
さすがに4L佐藤錦は見つかりませんでした。
今後の課題です。
1Joint180614_018.jpg




傷み果は摘果しましたので、
寂しい景色となりました。
1Joint180614_009.jpg




来季の目標が明確になりました。
過湿に強く大玉がザクザク・・です。
1Joint180614_011.jpg




受粉樹の「紅きらり」も長果枝の実は大玉になるので、
味も良くなるようです。
1Joint_kirari180614_005.jpg




着色は佐藤錦より若干遅れ気味です。
1Joint_kirari180614_010.jpg
17日の日曜日は兄弟・子供達でさくらんぼ狩りです。
小雨決行です。

::




スポンサーサイト
2018-06-14 18:35 | カテゴリ:アンズ
野良作業も今日以降は暫く出来そうに無い空模様です。

上の畑内ではアンズの「ハーコット」や「ニコニコット」・
「おひさまコット」などが色着いてきました。

今年のハーコットは予想以上に豊作で、
生らせ過ぎ傾向でもあります。

長雨前に綺麗なアンズを味わいましょうと、
少しですが色付き・実の柔らかさを確認しながら収穫してみました。
1harcot180614_028.jpg




果重は100g前後が多いです。
1harcot180614_024.jpg




一個、糖度を計測してみますと、
14.5度で桃並の甘さです。
1harcot180614_034.jpg
十分味わえるアンズになっていました。
矢張り「ハーコット」は美味しいアンズです。

自家栽培者の特権として暫く愉しませて頂きます。


同じ畑内のスモモ「いくみ」は完熟して、
鳥が突っつき出したので全収穫です。

甘くて爽やかな味わいで、
美味しいスモモになりました。
1ikumi180614_029.jpg
傷み果も無く綺麗なスモモです。



熟しているので皮も綺麗に剥けます。
1ikumi180614_030.jpg
梅雨本番前に収穫できて糖度も高めになったと思います。

::


2018-06-12 18:31 | カテゴリ:スモモ
2018-06-07 19:43 | カテゴリ:ブドウ
2018-06-05 19:19 | カテゴリ:プルーン
梅雨入り前に慌ただしく果樹の収穫や、
枝整理後の袋掛けなどやっています。

下の畑1のブルーベリー圃場では「スパルタン」が色付き出していました。
今朝5時頃から家内が収穫してきました。
1spartan180605.jpg
明日からの梅雨入り前に初収穫です。
レジ袋のまま計量しています。



スパルタンの生り始めの実は大粒で美味しいBBです。
1spartan180605_002.jpg




下の畑1の早生桃「はつおとめ」が熟れてきましたので、
今年の一番果です。
1hatuotome180605_034.jpg




上の畑内の西洋アンズ「ゴールドコット」は小玉ながら、
酸味無く美味しいアンズで雨が無いので実も綺麗です。
1Gcot180605_039.jpg




酸果桜桃は酸っぱいので鳥も食べないとのことですが、
暖地の酸果桜桃は完熟時には甘さも乗って鳥がしきりにやって来ます。

このモンモレンシーも大分鳥の餌に供与しましたが、
本日全収穫です。
1monmo180605_032.jpg
さくらんぼジャムが一回分位はありそうです。

畑の酸果桜桃はほとんど無くなっていました。


さて、今日は下の畑1のプルーンの整枝を行いました。
放置していたために脚立に登らないと結実果に届かない状況です。
1PI180605_006.jpg
新梢の先端は5m位の樹高になっていました。



この畑には3本の「パープルアイ」が息づいていました。
1PI180605_009.jpg 




新梢を切り詰めて樹形改善です。
1PI180605_026.jpg




袋掛けなどがし易い樹高に1,2年で改善していきます。
1PI180605_027.jpg




手の届く位置に着いた幼果には袋掛けを行いました。
樹上2mの高さの実には袋も掛けられません。
1PI180605_012.jpg




BIKOOを使って袋掛けです。
1PI180605_019.jpg




30袋ほど掛けましたが、
他の実は無袋で様子見です。
1PI180605_020.jpg
久しぶりに「パープルアイ」の袋掛けでした。
美味しく大玉の完熟果を収穫したいところです。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村