2017-05-19 17:15 | カテゴリ:さくらんぼ
今日は朝から久しぶりの晴天で、
気持ちの良い野良仕事日和でした。

昨日から開始していた桜桃のジョイントハウスに、
反射シートや防鳥ネット張りなどを行っていました。

反射シートは昨年購入していましたが、
使える状況ではなかったので、
今年が初使用で1mX20mのアルミシートの幅を50cmにカットしています。
1HSseet170519_003.jpg
満開から25日前後が反射シートの設置時期のようです。



幅が狭いですが、無いよりマシだろうと・・。
1HSseet170519_004.jpg





1HSseet170519_010.jpg




畑周囲は防獣ネットと電柵で完璧ですが、
鳥の食害も侮れません。

防獣ネット2mX50m巻の1本がジャストサイズです。
1BTnet170519.jpg




出入り口はネットを二重に重ねて、
カーテンの様に開閉します。
1BTnet170519_002.jpg




庭先の鉢植え「紅ゆたか」はサクランボ置き場に入らないので、
いずれは鳥の餌食にと思っていましたら、
僅かに赤味を帯びた程度でしたが完食でした。
1beniyutaka170518_023.jpg
流石、ヒヨドリ!!



下の畑2のキウイ棚では黄肉系の開花中盤戦です。
黄肉系では開花が遅い部類の「アップルキウイ」です。
日本蜜蜂が訪花中!!
1APL170518_013.jpg




「ゴールドエンペラー」にも蜜蜂が訪花中!!
(^_^)ノ""""ヨシヨシ
1Gemphati170518_016.jpg




「ジャンボイエロー」
1JE170518_007.jpg




「MG-06」もお任せで大丈夫そうです。
1MG170518_011.jpg




高接ぎした「東京ゴールド」も良い感じで新梢が伸び出しています。
1tokyoG170518_020.jpg




まだ「早雄」も咲いていますが、
黄肉系の雄木「孫悟空」は開花最盛期になっています。
1songoku170518_010.jpg

桜桃にも蜜蜂の訪花をお願いしたいところですが、
今年は全く見かけませんでした。

キウイの花は薫り高いのが良いのでしょうか。

::


スポンサーサイト
2017-05-17 18:31 | カテゴリ:獣害対策
2年続けて、庭先の「サクランボ置き場」はハクビシンの侵入で、
色着いたサクランボを完食されていました。

今年は何としてもブロックしましょうと、
電柵の準備をしていました。

ソーラーパネル利用の電撃発生装置の組み立ては、2月8日に
当ブログで「サクランボ置き場に電柵を・・&CPの様子」アップしています。

今日は、この装置を使った電柵線の設置作業でした。
園芸用8mm直径の鋼管竿80cmとトンネルパッカーを利用した
安価な電柵線の設置作業です。

HCで購入のトンネルパッカーの小型タイプです。
1pakker170517.jpg




直径8mm X 80cmの鋼管竿をポールとして利用です。
パッカーは結束バンドで締め付けています。
1pakker170517_001.jpg




既にソーラー発電でバッテリを充電していました。
ハクビシンは夜行性ですから、
夜間のみの通電です。
1densaku170517.jpg




サクランボ置き場の南面は、
隣の野菜畑より2m程度のコンクリート塀の高さがあるので、
電柵は巡らせていません。
1densaku170517_003.jpg




従来の防獣ネットも隙間の無い様に点検しました。
ネットから10cm程度離して電柵を3段(プラス+)を配線しました。
1densaku170517_006.jpg




サクランボ置き場の単管パイプの上部に
ソーラーパネルを固定しています。
1densaku170517_010.jpg

電柵通電チェッカーで検電しまして、
通電を確認しました。

防獣対策は完了しました。

::


2017-05-16 18:33 | カテゴリ:さくらんぼ
昨夜、S.F.TakaさんとのSkypeで緑枝接ぎの時期とお聞きして、
早速、朝一で下の畑2で紅きらりの緑枝接ぎを実施して来ました。

受粉環境改善策には、何はなくても「紅きらり」。!!

ナポレオンや紅さやかは縮伐して、
来春「紅きらり」を高接ぎ予定です。

今日の天気は曇りがちでしたが、農作業をするには好都合でした。
野菜畑でオクラ植え付け用の畝立て・マルチを張って準備完了です。

午後5時頃のことです。
何気なく庭先の「月山錦」を見ていますと、
残りそうな3粒の画像を残しておいた方が・・無難かも!?
そこで、フラッシュ撮影してみました。
1gassan170516.jpg




黄色いサクランボ・・が3粒、残るでしょうか。
1gassan170516_002.jpg




不完全受粉が多数ありました。
来季はこの不完全受粉を半減させると、
豊産性「月山錦」となるはず・・?
1gassan170516_003.jpg




サクランボ置き場の様子です。
「紅秀峰」です。
1benisyuhou170516_014.jpg




「紅ゆたか」です。
1beniyutaka170516_011.jpg




「香夏錦」の一枝です。
1koukanisiki170516_013.jpg




酸果桜桃の「モンモレンシー」も結実果が見え出しました。
1monmolency170516_004.jpg




今年は、これでジャムを・・作るぞ!!
1monmolency170516_006.jpg




サクランボ置き場の「正光錦」です。
部分的に、色着き出した実も見られました。
1seikounisiki170516_008.jpg




同じ樹でも、その進み具合は大分差があります。
1seikounisiki170516_010.jpg

6月中旬頃が収穫時期となりますでしょうか。
ハクビシン対策をそろそろやっておかないと・・。

::



2017-05-14 17:13 | カテゴリ:ブドウ
各畑の見回りや各種果樹の手入れと忙しい毎日が続きます。

今朝は桜桃樹全般に農薬散布してから、
下の畑2と上の畑内のブドウ品種の花穂整形を行いました。

下の畑2では、垣根仕立てブドウと拡張畑のレインカット栽培があります。
大粒品種には花穂整形は必須作業です。

栽培難易度では最上級と思われる「マスカットオブアレキサンドリア」も
一応花穂整形して近日中にストレプトマイシン処理予定です。
1MoA170514_022.jpg




ポピュラー品種の「ナイアガラ」です。
1naiagara170514_011.jpg




この2品種もこの後整形しています。
1setoG_sinanosm170514_025.jpg




整形の仕方も先端穂残しや中間部、付け根残し等様々です。
1sunver_takatu170514_021.jpg




お気に入りのブドウ品種です。
1Golbee170514_030.jpg



上の畑内「ゴルビー」は、
色々な花穂整形でやってみました。
1Golbee170514_035.jpg
ブドウ栽培も品種毎に手入れ方が異なって、
日々、勉強と失敗・反省の繰り返しです。


下の畑2のキウイ棚では、
先日から黄肉系雄木の「孫悟空」が開花し出していました。

今日、棚を見ますと雌花も咲き出していました。
先ずは雄花の「孫悟空」です。
1songoku170514_001.jpg
雄花開花が先行するのは理想的ですね。



黄肉系の「ジャンボイエロー」です。
1JE170514_004.jpg




同じく黄肉の「MG-06」です。
1MG170514_002.jpg




紀州ゴールドを撤退して、その株に今春高接ぎした
「東京ゴールド」も開花しています。
1tokyoG170514_013.jpg
2,3花ですのでそのまま生らせてみます。



早生種の紅芯系は結実幼果が認められる様になりました。
チョット着き過ぎの感!!  ですが、
摘果が大変そうです。
1RR170514_006.jpg




同様に「紅妃」も良く着いています。
1KOUHI170514_007.jpg

摘蕾をサボると摘果作業の宿題が襲ってきます。
ガンバレ!!自分

::


2017-05-13 10:30 | カテゴリ:プルーン
庭先にあったプルーンの親木「パープルアイ」が瀕死状態です。
幸いバックアップを各畑に移植してありましたので、
消滅の事態は回避できました。

ほとんど放置状態だった下の畑1のパープルアイに
昨年受粉樹の「スタンレー」を高接ぎしていました。

今年、少し開花しているのを確認していました。
パープルアイにも僅かな蕾があった様な・・。

昨日のことですが、下の畑1に出かけ梨の摘果をした序でに、
プルーンの様子を見てきました。

スタンレーが結実していました。
2stanray170512_034.jpg
受粉樹として欠かせない「スタンレー」は各畑に
HCで購入した棒苗を植え付けています。



申し訳程度の「パープルアイ」が結実していました。
高接ぎの「スタンレー」が成長しますと
結実環境が増強されるでしょう。
2parple170512_035.jpg




植え付けてからほとんど放置状態で、
存在さえも危うかった「シュガー」プルーンです。

蕾が付いたのを確認していましたので、
結実したかと見てみますと、
パラパラと幼果を見つけました。
2syugar170512_039.jpg
プルーンは害虫に弱いので農薬散布が必須です。
何とか味見まで行きたいものです。



同じ畑の「カリン」の幼果が沢山着いていました。

以前、このカリンでジャムを作りましたが、
渋くてダメでした。
どうやら市販品は「マルメロ」を使って
渋味を回避しているようです。

ネットで見ますと、
『カリンは果肉が堅く、果実酒以外には向きませんが、
マルメロは比較的柔らかく、ジュースやジャム、ワインなどに利用されます。
カリンジャムの名で流通しているのは、じつはマルメロジャムです。』

2karin170512_036.jpg




そこで、3年前位に植え付けた「マルメロ」ですが、
今年は結実良がました感じです。

ジャム作りに供するほどの量が確保できるでしょうか。
2marumero170512_044.jpg

チョット楽しみな下の畑1の果樹類です。

今日は1日中降雨の予報です。
音楽を聴きながらダラダラと過ごしています。

::



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村