2018-04-20 16:54 | カテゴリ:アンズ
今日は朝から晴天で農薬散布日和でした。
3カ所の畑と庭先果樹に散布で午前中を使い切りました。

合計120リットルの農薬散布でした。

午後からはカメラ片手に上の畑内のアンズ観察です。
ハーコットやニコニコットが生りすぎ傾向で
少し摘果してみました。

先ずは上の畑内にあるアンズ各種です。
「ゴールドコット」には、「甘太郎」と「巨紅」を高接ぎしています。
1Gcot180420_046a.jpg  




生食向きのアンズです。
1kantarou180420_040.jpg




高接ぎ枝にビッシリ着きました。
1kyokou180420_043.jpg




今年の「ハーコット」は結実良好で
生りすぎでしたのでこの後少し摘果しました。
1harcot180420_002.jpg




受粉に貢献した「ニコニコット」も豊産です。
1niconicot180420_008.jpg




ハーコットに高接ぎした「おひさまコット」も生りすぎです。
1ohisamacot180420_004.jpg




少々ですが摘果してみました。
1tekika180420_010.jpg




前出の「おひさまコット」の摘果後の画像です。
1T_ohisama180420_012.jpg

美味しいアンズの収穫が楽しみです。

::



スポンサーサイト
2018-04-13 22:58 | カテゴリ:
上の畑内の多品種接ぎ梨は一部の品種を除いて、
ほとんどの花びらは散っています。
まだ結実幼果の確認には時期尚早ですが、
賑やかに幼果が残りそうな感じです。

摘果作業を考えますと生りすぎはチョッピリ憂鬱です。
訪花昆虫の少ない今春ですが、
お任せでも何とか成ったようです。

今年の目玉は、
4年枝に短果枝を形成する難しい品種の「デュ・コミス」が
初結実かも・・・。
1ducomis180413_049.jpg




古い品種ですが、栽培が難しくて普及しなかった様です。
1ducomis180413_051.jpg
初収穫出来るのか・・?



一方、豊産性の「ラフザス」は早生で9月の収穫です。
2rafuzas180413_046.jpg




栽培しやすい品種です。
2rafuzas180413_048.jpg




「ル・レクチェ」はこの多品種接ぎ梨では初結実です。
2lucthe180413_076.jpg




和梨の「甘太」1本立ちでは花芽が着きにくい傾向ですが、
高接ぎ枝は花芽が着きやすいです。
1kanta180413_045.jpg




梨で糖度が15度になるらしいです。
1kanta180413_055.jpg




8月下旬頃の収穫の大玉梨です。
1rinka180413_059.jpg




多品種接ぎ台木となっている元木の「ラ・フランス」です。
1rafurance180413_039.jpg
あちらこちらでラ・フランスの結実が見られます。



栽培方法は、大変難しく超希少品種と言われています。
1hattatu180413_060.jpg




結実良好な「バートレット」です。
1bartlet180413_072.jpg




赤い洋梨の「スタークリムソンペアー」です。
1starcrimuzon180413_036.jpg




定番の洋梨ですね。
1silverbel180413_069.jpg




鳥取での生産が多い「王秋」です。
1ousyu180413_068.jpg




美味しい梨です。
1nansui180413_063.jpg
多品種接ぎ梨ではこの他に15品種位が結実中です。
摘果・袋掛け作業が待っています。

::



2018-04-13 16:38 | カテゴリ:アンズ
2018-04-12 19:18 | カテゴリ:さくらんぼ
連日、受粉作業が欠かせない桜桃栽培です。

今日も朝一でジョイント桜桃の人工授粉作業のために
畑2へ・・・。

今朝方まで春の嵐の降雨で雨避けの無い露地栽培では
花が濡れていて受粉作業は後回しです。

さくらんぼ置き場やジョイント栽培では雨避け屋根が有るので、
人工授粉に支障は有りません。
1joint180412_007.jpg
今朝時点で、6~7分咲きと言ったところでしょうか。



少しずつの開花ですので花粉の消費量は結構嵩みます。
2,3日で満開と言った具合に行きますと
効率的で助かるんですが・・。
1joint180412_016.jpg




思い通りにならないのが桜桃栽培でしょうか。
1joint180412_017.jpg




3年枝位になると花芽も満足できる着き具合ですね。
1joint180412_018.jpg




受粉樹としての「ナポレオン」、「高陽錦」、「紅きらり」などが
含まれていますが、
人工授粉用花粉が有れば「佐藤錦」のみで統一すべきでしょうか。
1joint180412_022.jpg
桜桃(さくらんぼ)現時点では順調そうです。



畑2には酸果桜桃が7,8本植え付けて有ります。
ジョイントは横には「ジュベリウム」と「ノースピュアー」です。
1sankaoutou180412_025.jpg




「ジュベリウム」の花は「モンモレンシー」に似ています。
1jyuverium180412_029.jpg




チョット離れたところにも「ノースピュアー」があります。
1nothpur180412_048.jpg




小さい花です。
  2nothpur180412_033.jpg




「ノーススター」も小さい花で、
ノースピュー類似です。
1nothstar180412_044.jpg




時々、マメコバチの訪花が見られました。
1nothstar180412_045.jpg
今年も酸果桜桃の寄せ集めでジャムが作れるでしょうか。

::


2018-04-12 18:01 | カテゴリ:カリン
今日は25℃超えの陽気で、
作業も捗りました。

週末はまた春の嵐の予報ですので、
明日も貴重な晴れの日です。

畑1ではカリンの幼果が確認出来ました。
利用価値の無い「カリン」ですが、
花と実・香りは棄てがたい果樹です。
1karin180412_004.jpg




大した管理もしていませんが、
毎年沢山の実を着けてくれるカリンさんです。
1karin180412_006.jpg



同じ畑にはジャム素材になる「メルメロ」が開花していました。

1marumero180412_009.jpg




淡いピンクでカリンの花より大きめで目立ちます。
1marumero180412_010.jpg




畑2の「ポポー」は開花最盛期です。
1popo180412_036.jpg




地味な色ですが面白い花です。
1popo180412_037.jpg
今年も豊産の予感です。

::



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村